鼻から  

怖いものって何でしょう?

地震、雷、火事、おやじ と昔から言われますが、

私は注射、幽霊、○○がとっても苦手。

昨日、ついに40歳以上の健康診断に行ってきました。

今は至って健康ですが、20代の頃胃を悪くしたことがあるのが唯一の懸念。

通常の定期健康診断は費用は安いのですが、流れ作業なのと、胃はバリウムなので、今回は若干割高ですが、個別の健康診断を受けてきました。

どきどきは、胃の内視鏡検査。以前やった時は喉からだったのですが、今回は鼻から。

ありがたいことに、健康な体を両親から頂いたので、手術や入院をしたことがないので、前の晩から相当びびっておりました。

当日は、慣れている病院がいいだろうと思い、大通り沿いにある宇都宮記念病院。

いや〜、この病院すごく対応が良かったです。患者さんのことを、お客様と呼んでくれて、説明や案内がホテル並みにすばらしかったです。施設も昨年の3月に新築したばかりでやはりホテル並み。気持ちよく受診できました。

とは胃っても、問題は胃カメラ。まず鼻に何度か麻酔を噴射します。どちらの鼻が通りやすいか試します。決まるとゴム棒を鼻に通して、もう一度麻酔液を鼻から飲みます。

私はほぼ大丈夫だったつもりですが、、担当の看護士さんがなぜか心配してくれて、「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と他の人より尋ねてくれたのは、よほど弱気な表情をしていたに違いありません。

さて検査。喉を通るまで少したいへんでしたが、後は大丈夫。先生が映像を見ながら説明してくれます。もちろん口で話ができるのでいろいろ質問できます。

すこし胃炎きみと言われましたが、薬を飲むほどでない。とのこと。安心しました。

終わってみればら、なんともないもの。朝食抜きだったので、さっそくいつもよりご飯を食べたのは、検査に異常がなかったからでしょうか。

胃カメラは以前やった口からの検査より、鼻からの方がやっぱり楽でした。それでもやっぱり緊張するもの。

入院されているかたは、毎日検査。健康のありがたみを実感してきました。

さあ、これからも毎朝ジョギングしてバリバリ仕事するぞ〜。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ