裸婦  

○裸婦

昨日お客様とお話していたところ、

「橋本さんって絵も書かれるんでしょ?」と質問され、

「はい〜、ラフな絵なら描きます」とお答えしたところ、

え〜」と身をそらされてしまいました。

「本当に」

「ハイ」

「ヌードを描くんですか」

「・・・・・」

仕事で、図面やパースを書くとき、下書きをプロの絵描きさんに仕上げてもらうのですが、

普段下書きをラフ図面と言っているので、誤解されたようです。

笑うわけにもいかず、誤魔化したと思われても困るので、一生懸命平静を装ってご説明しました。

ハハハ

本当に言葉って難しいですね。いい勉強になりました。二度と使いません。


○勉強って楽しい。

先週の土曜日、4月から二月に一度の割合で参加している設計の学校出席してきました。

感じたこと

その1 

毎回課題がでるのですが、40人とも全く図面が違うこと。
同じ四角に納めるだけなのに、同じ講義を聴きながら、テキストも読んでいるのに、どうして違うのか、いつも感心します。人間って不思議だな〜。

その2 

受講生は、自ら設計事務所をしている人や一級建築士がほとんど。宿題もなんとか期限までに提出するのがやっと。でもその度にすごく力がついたのが自分でもわかります。
もう40だから、勉強はいい。と思うものではない。普段現場で学んでいるからいい。でもそれではいつか限界が来るのではないでしょうか。学びの大切さを実感しています。

その3 

やっぱり東京は刺激でいっぱい。30代の頃は、経費がもったいない。などと気持が消極病になっていたこともありました。

横浜、大阪、名古屋、京都もそれぞれ宇都宮よりはるかに大都市ですが、やっぱり首都。

今更ながらいうのもなんですが、建築も芸術もファションも桁が違いますよね。

ちょっと遠いと言っても、全国の中では相当近い内。

本当にいい仕事をしようと思うなら、時流を感じたり、現場を見たり、日本一のレベルを体感するために、遠ざかっていはいけないとしみじみ感じました。

その4 

日本一のレベルを体感するのは、物だけではありません。やっぱり人。木造建築ではおそらく日本一であろう、吉田桂一先生。

一般の人には雑誌チルチンび、業界の人には建築知識で有名なあの先生です。

話を目の前で直接聞ける。更にすごいことに本人に直接宿題を添削して頂けるのです。

前回は、私の未熟な図面を、別の紙に直して描いてもらってありました。

もうここまでして頂いたら大感激ですよね。

田舎にこもっていないで、自信がないからと言い訳していないで、挑戦してみるものですね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ