秋爛漫  

春もいいけれど、秋もとっても植栽にはいい季節です。

緑の中に、梅もどきの赤い実やモミジの赤はアクセントになりとっても映えます。

秋は、花も実も葉も表現に使えるので、すごく細かい仕事ができます。

クリックすると元のサイズで表示します

今回初めてシンボルツリーに山茶花を使いました。

植木屋さんの畑の中をぐるぐる回っていると、

八重で山茶花というより、芍薬のように美しい花に一目ぼれ。

山の中にうずもれていた木が、いきなり主役。

人間の世界と同じで、見出されればとってもいい役割を果たしてくれます。

ヤブランと紫式部、ヤツデとトクサ、と和の草を主と用に組み合わせ、

どこかで見たことのある懐かしい風景を作ってみました。

お客様にも喜んで頂けました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ