ぴっかぴか  

ベランダ手摺の交換工事が終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します


以前の手摺は鉄骨製

クリックすると元のサイズで表示します

ぱっとみると、また大丈夫に見えますが、

鉄骨の場合、塗装がはげたところから、水が入りサビだします。

一度サビがでると、サビを落として塗装しても、数年すると塗装がめくれてきてボロボロになる場合もあります。


また腐食した鉄柱の隙間から、水が壁の中に入り込んでしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

既存の手摺を外した後の写真ですが、柱があった位置の下の材木は腐っています。


現在ではアルミ製が主流ですのでサビなどの心配はありませんが、大工事になる前に手を打って頂くことをオススメします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ