のみの話  

先日佐賀の友人からもらったDVDにこんな話がありました。

ノミのサーカスという話ですが、

1メートルも2メートルも跳ぶノミを

ビンの中にしばらく閉じ込めておくと、数十センチしか跳べなくなるという話です。


運が悪いことが続いたり、悲しいことが続いたりすると、

自分は人間でノミではない。と思っていても、

本当は、自分で作ったさまざまな理由のビンの蓋で自分を閉じ込めているのに気づいていないだけかもしれません。

そんな時は、1メートル跳ぶノミと一緒になって動くこと。とDVDの方は話していました。

その通りでだな〜。と感心していました。

でも、自分の心が素直になっていないと、かつての成功体験が邪魔をして、一緒になって跳ぶ前に、いつものようにいろんな理由というビンを持ち出してきて、同じことをしてしまうかもしれません。

ビンの中に閉じこもり、何もせず、ビンの外のテレビに映る、不景気だとか、殺人だとかいう、マイナスの情報ばっかり目にして、一生ビンから抜け出せなくなる。

そんな時代かもしれません。

ピョンピョンハネヨウ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ