トランペット  

○トランペット

明日入学式は我が家の長男。中学校時代ブラスバンドでトランペットを吹いていました。

他のご家庭は、すぐにトランペットをお子さんに買われていました。だいたいの平均が25万。我が家の長男は欲しくても我慢する子。30年くらい前の古い学校の楽器を借りて使っていました。

高校でもやはりブラスバンドをやりたい様子。「今度はコントラバスでもやるかな。」と話していたので、いよいよ楽器を買うかと思っていた矢先でした。

私は大学時代学校のオーケストラに所属。同級生にとっても上手いトランペットを吹く友人がいました。弦楽器は私。管楽器は彼。と共に楽団を引っ張る苦楽を共にした仲。

彼に、どこで買えばいいか相談したところ、「俺も20年楽器を吹いていなくて、もうどこかの学校にプレゼントしようと思っていたので、あげるよ。」と予想外の温かい返事。

そこでご好意に甘えてお借りすることにしました。その楽器はBachというアメリカの楽器。普通管楽器は、古くなると値打ちが下がるのですが、この楽器に関してはほとんど値打ちが下がらない、もうトランペットをする人なら誰でも欲しがる垂涎のメーカーだと、後で他の人から教えられました。

楽器は使う人のクセがつくのですが、彼が4年生の時に吹いたメサイアのソロは彼がいた4年間で、誰も成功したことのない高い音が続く超難しいものを、完璧に演奏した伝説の奏者だったので、安心しています。(私はその時、彼の足元にもおよびませんでしたが、やはりチェロのソロを弾いていました)

楽器が20年の年月を越えて、自ら我が家を選んでくれた。そんな思いでいます。友人とそしてそのトランペットに感謝しています。







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ