てんやわんや  

この日曜日の相談会で担当者ひとり10件のお見積りを頂き、もううれしい悲鳴を上げています。

もちろん、排水枡の交換から駐車場の拡張まで、修繕から増築まで幅広くお仕事を頂きました。

「もう25年経つとなかなか電話しても、来てくれなくて」新築した別の工務店さんはなかなか見にきてくれないそうです。

そうなんですよね。大きな仕事だとだれもが行列して訪問するのに、修繕の仕事だとなかなか、みんな逃げてしまうのでしょうね。

1やるかどうかわからないけど、とりあえずの見積りたい。
2小さな見積りで相見積もりされている。
3もうたのむところが決まっているのに、値段だけ知りたくて見積もりをとる
4プランやデザインが欲しい。

たぶん商売されている方はみんな以上の経験どれかひとつを体験されていると思います。もう涙涙でそれを乗り越えてがんばっているわけです。

(もちろん私なんかだと、自分の経験不足や、施主様の気持を十分理解できず、残念なケースの方が多いですが。)

でも、どんな修繕の仕事でも、OB施主様からのお問い合わせは本当に嬉しいものです。

特に地元の方だともう涙が出そうなくらい気持がいっぱいになります。

そして、再度ご依頼を頂ける様、初めてのお客様とがんばって仕事をさせて頂きたいと思います。


この秋は 雨か嵐か知らねども 今日の務めに田草とるなり

たとえ明日地球が滅びようとも、私はリンゴの木を植える

本当にたくさんのお問い合わせありがとうございます。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ