いよいよスタート  

○ジャンケン

土曜の朝は、家族全員で食事。

といっても、我が家は毎朝6時50分から皆で朝ごはんを食べます。

朝のジョギングが終わって、子供達を起こし、全部の布団をかたずけるのが日課。

「じゃま〜」と叫びながら、哀れ子供達は、つぎつぎと起こされていきます。

特に子供達は、学校が休み。

恒例のジャンケン大会。2回連続して勝った人から抜けて、最後の人が洗います。


宿題も、部活も兄弟で一番やり、自己主張の強い次男。

恒例の年号カルタゲームでの10連勝中で一番のやり手。


その彼も、なぜかジャンケンは弱い。

今の所、5回やって、次男4回、長男1回、三男0回。

いつも他のゲームではかなわない、三男はなぜかジャンケンが強い。


結構、運が強いとか弱いとかあるのかもしれませんね。

「いつも僕ばっかり〜」今朝も半べそをかきながら、食器洗いをしていました。




○新年会のシーズンの1月も終わり、いよいよ2月。

今年の営業も本格的に開始です。

今月は、東京に4回出張。

それにともない、新年会も数えてみれば6回と、一年分をまとめて、飲んだので、かなり反省しています。

でも、自分の人生の師匠、デザインの師匠、花の師匠、庭の師匠、チラシの師匠、高校時代の師匠と、話が出来て充電ばっちりです。

でも、実践が大切。

松下幸之助さんが、

「泳ぎの名人から懇切ていねいに、3年間みっちり泳ぎ方の知識を教えてもらっても、

結局は、実際に水に入り、おぼえれて、水を飲み、死ぬような思いをして、初めて身につく。

知識を得て、自分のものにした気にならないように、気をつけなくてはいけない。」

ということを本に書いてありました。

これだけ、縁に恵まれているのだから、行動、行動。

そして感謝。


○海将

日露戦争で、203高地で多くの犠牲を出しながら、陸軍はロシアに勝ちました。

しかし、その後日本とロシアも再び、海でも戦いを始めます。

世界で有数の力を持つ、バルチィク艦隊との戦い。当時明治維新が行われてからそんな月日が経っていない日本。

しかし、負ければ北海道や対馬を獲られて、今の地図は変わっていただろうと言われています。

更に、ロシアは、数十隻の戦艦のうち1隻でも、目的の港に入れば目的を達成される戦いでした。

つまり、日本は相手を全滅させないといけない戦いでした。

それをやってのけた、海軍の対象は、東郷平八元帥。


この東郷さんの二つのエピソードがあります。

東郷さんを大将に選んだ理由に、「運がいいから」というものがあったそうです。

運というと、ついつい宝くじのように、確率で考えますが、結構大切な要素で、運がいい人になりたいですね。


それと、司馬遼太郎さんが、その戦いについてこんなことを書いています。

「日本の頭脳の方がすぐれていた。これは天性のそれをさしていない。

考え方という意味である。

弱者の側にたった側の日本が強者に勝つために、

弱者の特権である、考え抜く ことを行い、

さらにその考えを思いつきにせず、それをもって全艦隊を機動力にした。」

ことが勝利の要因だと記しています。


まさに、これこそ、仕事にしても、現場にしても、最も大切なことだし、事実をもって証明しているすごい文章だと感心しています。

ということで、実行、実行。

明治の日本人って本当に魅力的ですね。


















































0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ