しあわせ  

ストレスをためない引きずらないために。

「これだけ休みなく歩き回って疲れないのは、ストレスをためない、つまりうさばらしをしないといけないようなことを持たないから」

「そういう目でみますと、世の中の人たちは何かというと、うさばらしをしないと体がもなないという人が多い」

「森信三先生は、睡眠以外休養を必要とするようではダメですねという風におっしゃった」

「そのためには、いやなことつまらないことを置いていってしまう。忘れることはできないけど、いつまでもズルズルそれにひもをつけて引っ張って歩かない。でもなかなか簡単にはできない」

「もしそう思うのなら、たんとつまらないことをしているのかということを、絶えず自分自身に言い聞かせ、そういうことを繰り返し繰り返してゆくうちに段々とつまらないことをひきづらなくなっていきます」鍵山秀三郎先生講演録より

いや〜もう私なんか、ついつい家に帰って晩酌をしてしまいます。(ビール1本ですが)

昼間こんなことがあって、やけになって当たり前だ。なんて勝手な言い訳をしてしまいます。

でもそれではいつまでたっても本当の解決にはならないし、夢を実現するための障害を乗り越えられないかもしれません。

自分にいい聞かせながら、嫌なことを置いてくる習慣をつける。

周りにいる、すごいタフな人たちは何か自分に信条があるけど、はたから見てその理由が分からないだけかもしれません。

コツを学ぶのも方法かもしれません。


                        クリックすると元のサイズで表示します
たんぼがとってもキレイ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ