脇目をふらず  

人は迷う。

たとえ正解の道を進んでいても、

一里塚やランドマークのない人生では、不安になり

引き返したり、道をそれてしまう。


100メートルの高層ビルからビルに、30センチの板の上を渡ってあるけるか。

余所見をしては渡れない。怖くなる。


人のことが気に成る。他の人はどうやっているのか。

他の人は順調だったりすると、どうしてもそちらの方を見てしまう。


回りを見ないで、前に進むことも大切だ。

人生山あり谷あり。

たまたまその人の山の状態かもしれない。

もしくは内情はすごくたいへんで、みかけだけかもしれない。


脇目もふらず、自分の進む道をしっかり歩み続けたい。

その道が正しいことを信じて。

そしてその道が正しくなるよう、常に学びながら。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ