あいむそーりー  

自分を許す。そして他人を許す。

先日佐賀の友人から頂いたテープの話から。

いつも愚痴を言っている人がいる。

自分は何回手術したとか、事故にあったとか、これだけ苦労しているんだと、いつもッ周りの人に話す。

そこである人が、自分を許せないの?と聞いたら、「絶対許せない」という答えが帰っきた。

「心ではそう思っていなくても口に出してみて、」と言っても「絶対できない」と言う。


別の話にこんな話もあった。

私なんかいい加減だから、いつも許しっぱなしで、その日に内に終わらせないといけないことを、翌日に回してしまったりする。

真面目すぎたり、責任感が強すぎると、自分が許せなくなる。

そうなってくると、愚痴や不平不満が多くなる。

そして他人も許せなくなる。

思い出さなくていいのに、ご丁寧にその時のことを思い出して、気分を悪くしている。

挙句の果てに、眠れなくなり、悪い筈の相手は自分の寝床ですやすや気持ちよく寝ている。

被害を受けた自分は悶々としてしまう。

相手を許すことは、自分の時間を大切にできる。

汚い例えですが、

相手を許せないのは、

「ウンコを思い出して、更に念をいれて、色やカタチまで正確に思い出すのと同じ」

だそうです。

(うわー汚い。でもものすごく説得力ありますよね)

またそんな愚痴をもらして、人前で自分はこんなに苦労したんだ。と言っても周りは本当に迷惑なこともよく分かる例えですよね。

自分を許す、相手を許す。

それが自分にとって、大切なんですね。













0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ