梵天ニュース  

この原稿は、増改築、外構工事など、木りん倶楽部にご縁を頂いた方に、年4回お送り

しているかわら版からの抜粋です。

皆様いかがお過ごしですか?日光街道は毎年、4月は桜、5月は新緑、6月は紫陽花が

見頃です。

桜は雨で散りますが、紫陽花はすくすくと成長し私たちの目を楽しませてくれます。

「雲の上はいつも晴れ」今回の表題は、三浦綾子さんの言葉です。暗雲が立ち込める

と、今にも大雨が降りそうですごく不安になってうろたえてしまう。

しかしその雲の上はいつも晴れ渡っている。人生でも仕事でも、覚悟し、辛抱するから

乗り越えられる。

でもどこか根底の部分には「きっとなんとかなる」という楽観的な部分が必要なのでは

ないでしょうか。


「おかげさまで。」

ある若いOLさんの話です。農家に生まれますが、物心つく前に母親を亡くします。

でも寂しくはありませんでした。父親に可愛がられて育ったからです。

父は働き者。一人で3ヘクタールの水田と2ヘクタールの畑を耕し、村の行事や共同作

業には骨身を惜しまず尽くす、まとめ役でした。

そんな父を彼女は尊敬し、二人の暮らしは倹しくても、暖かく幸せでした。

彼女が高校三年生の12月のある朝、登校する娘をいつものように見送った父はトラク

ターを運転して野良に出ます。

そこで起こった悲劇。居眠り運転のトレーラーとの衝突。

病院に駆けつけた彼女に、苦しい息の下から父は途切れ途切れに、

「これからはお前一人になる。すまんなあ・・」そしてこう続けます。

「いいか、これからは、『おかげさま、おかげさま』と心で唱えて生きていけ。

そうすると必ずみんなが助けてくれる。

『おかげさま』をお守りにして生きていけ」それが父の最後の言葉でした。

父からもらった『おかげさま』のお守り。

親切にしてくれる村人に彼女はいつも心の中で『おかげさま』と手を合わせました。

彼女のそんな姿に村人はいつも優しく接しました。

父の最後の言葉が彼女の心に光を灯し、その光が村人の心の光となり、照り返った光が

彼女の生きる力になったのです。

自分の心に光を灯すのは、他人ではなく自分自身です。今日からは、何をするにも思う

様に行かないと嘆くのは止めにしませんか?
 
どんなに雲が暗く厚くたちこめていても、その雲の上はいつも晴れ。見事な快晴が見渡

す限り広がっているのですから。

クリックすると元のサイズで表示します
1

なるほどそうだったか〜  

昨日は初めてのバラ教室にご参加ありがとうございました。

「一本植えたけど、ダメだった。高いから、それ以来バラは植えてません」

受講者の一人はそう話された通り、私もお客様や知人から相談されます。

クリックすると元のサイズで表示します

ですので、今回はベテランの向けでなく、これから始めよう、やってみたけれどダメだ

った。というような、初心者の方むけの講座を開催させて頂きました。

先生の吉田さんは、自宅で実際に十年以上バラを育てているので、卓上論ではなく、

実際現場で起こる、問題や対処法を具体的に教えてくれました。

参加された人数も3名様でしたので、講義中も分らないところがあれば、その場で質問

でき、ひとりひとり自分のお庭での悩みも、相談できたようです。

1時間の予定が2時間になり、とても濃い内容だったと、たいへん喜んで頂きました。

また、途中バラのジャムを使ったケーキ作りの実演もあり、
クリックすると元のサイズで表示します

ケーキとバラのアイスティーを試食しながらの、とっても あま〜い講座になりました。

ホームセンターで買える、とっても良く効く、薬の種類や、病気に強いバラの種類など

私もたいへん参考になりました。

次回は、11月、冬の剪定と、鉢の植え替え講座を予定しています。

木りん倶楽部では、お庭をさせて頂いたお客様に、工事が終わったら、お付き合いがそ

れで終わりでなく、そこからもっと素敵なお庭になるお手伝いをしたい思っています。

是非ご参加ください。
クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ