花は香り  

事務所の西側にある花壇。ノースポールが咲き誇っています。
クリックすると元のサイズで表示します
事務所前を通られた方、是非ご覧ください。

花は女性にたとえられますが、
清廉な白と元気の象徴の黄色は、かわいいアイドル歌手、AKB48の様。

一方こちらは菖蒲。
クリックすると元のサイズで表示します
すっと伸びて、咲く青い花は、着物が似合う女優さん、鈴木京香さんでしょうか。

ノースポールと菖蒲イメージが全く違っても、同じ花だし、見る人を心から引き付けてくれます。

「花は香り、人は人柄。」と言われます。

それは、「他の人を引き付ける魅力は、外見ではなく、誠実さですよ。」と言いたいのでしょう。

スーツを着こなし、上品に見えて、お話してみると、数字のことしかなく、がっかりすることもあれば、

普段着で、何気なく話をしたら、もう涙がでるような、すばらしい話を頂くこともあります。

「君 看よ、双眼の色,語らざれば 憂い無きに似たり」

よくこの日記で書かせて頂く詩です。

「その人の眼を見てください。何も言わなければ憂いが無いように見えるでしょう。」

「だって、どんな時でも、笑顔で、元気いっぱい、皆に勇気を与えてくれます。」

「でもね。それは語らないのではなく語れないそれほどに深い憂い・悲しみがあるからです。」

「それまで、ほんとうに絶望するほど苦しみにこらえ、黙っていると眼が澄んでいくるのです。だから、もしあなたが、すばらしい人柄の人に会った時、双眼の色を確かめてください。」

私はそう解釈しています。

元気は人は、他の人にも元気と勇気を分け与えてくれます。

落ち込んだ時、電話したくなるような人。

それは、決して外見や能力ではなく、その人がそれまでの人生を通して得た、大切な心の持ち方からにじみ出る、人柄だと思うのです。

そのような人に気づく人は、やはり魅力的な人です。

そして幸せになって欲しいと思います。
2




AutoPage最新お知らせ