ぐっさんが・・・  

○ぐっさん

昨日の課外授業「ようこそ先輩」はとても勉強になりました。

芸人の山口智充さんが、母校の小学校を訪ねて授業をしました。

タイトルは「一日を楽しくする方法を見つける」

10日後までに、宿題を3つ出します。

一つ目はモノマネ。

二つ目は、物遊び。(身の回りの道具を使ってボケる)着眼点を変えて物を見る大切さを学ぶ。

三つ目は毎日ひとつ「何か楽しかったことをひとつ日記に書くこと」
すごいことでなくていい、「今日は角を上手く曲がれるようになった」とかでいい。


とても素敵な宿題で、みんな目を輝かせて発表します。

三つめの日記を書いた感想を述べた子供の中には「毎日書いているとひとつでは書き切れなくなった。」と言う子もでてきます。

ぐっさんはまとめにこういいます。「一日一個、楽しいことをみつけて365日続ければ楽しかった一年になるんですよ」

子供たちとってもすばらしいプレゼントになったと思います。

大人になるほど、ちいさなことに楽しさを見つけるのが下手になります。

小さい頃は、何十円しかしないお菓子やおもちゃでも、もらったら大喜びでした。

○ちょっと歴史話へ

冒頭の言葉、どこかで聞いた言葉だな。と思ったら、高杉新作の辞世を思い出しました。

「おもしろきこともなきこの世をおもしろく」

松下村塾で久坂に勝てず、安政の大獄では師の吉田松陰先生を失い、クーデターに成功したものの幕府との戦いに負け失脚したにも関わらず、奇兵隊をそしきして、幕府とわたりあった、高杉はものすごい前向きな人間だったんだと気付きました。

そう思い出すと、更にすごいスーパーポジティブな歴史上の人物を思い出しました。

豊臣秀吉。司馬遼太郎の「太閤記」を読むと、いかに秀吉の幼少期が悲惨だったか想像できます。人間扱いされない、動物以下の存在だったのではないでしょうか。

信長に仕えた以降の話は、天下をとってもからも昔話で皆にしたそうですが、幼少期の話はあまりにもみじめすぎて、決して語らなかったそうです。

そんな環境の中、信長の存在もあったのでしょうが、関白にまで上り詰めます。

決して秀吉は、生まれた場所から離れて成功したわけではありません。

彼は、動物以下の存在であったことを誰もが知っている中で、それを乗り越えて昇進していきます。やはりものすごい前向きな人だったでのしょう。

人は困らなければ、変わりません。

そして、変わろうと思う人もいれば、もうこのままで、と諦める人もいるでしょう。

鉄人中村天風先生は、お弟子さんのこう言われると悲しかったそうです。

「先生のおかげで、心配ごともなく、毎日たのしく生活できるようになりました」

「そうではない。」といいます。

「私から学んだおかげで、どんなつらい時でも、困難になっても、つよい気持ちで乗り越えられるようになりました」と答えられる人が本当だ。といいます。

成功するということは、そういうことなのかもしれません。

3




AutoPage最新お知らせ