先生  

今日は次男三男が通っていた学校の離任式。

私たちの頃は、なかったと思うのですが、今は退職や転勤などで学校を去る先生をおくるため、春休みに強制ではありませんが行われる式です。

次男は引っ越しのため、一人別の中学校に入学しました。学校も市内で最も荒れた学校と言われていました。

わざわざ隣の中学に行かせるため、親戚の家に住民票を移すなどよく耳にするくらいです。

そんな中、無事に次男は卒業、そして三男は今度二年生になります。しかしどんな学校でも出会いはあります。

卒業の日、次男は「やっぱり、この中学で良かった」としみじみ語ったのは、やはり縁だと思います。

特に二年生の時、卓球部の顧問の先生が転任してきました。熱血漢で、思ったことをはっきり職員室でいうので、一度は市内の高校へ飛ばされた。という噂の持ち主です。

卓球部の雰囲気ががらりと変わりました。先生本人は卓球の経験がないので、それまでひとりもいなかったコーチを呼んできてくれて、めきめき子供たちは上手くなりました。最後の試合では負けた子たちはみんな泣いていました。

縁は不思議なもの、昨年4月に三男が中学に入学すると、その顧問の先生が担任に。私たち夫婦のよろこびは言うまでもありません。

先日も、冬季オリンピックの時、浅田真央さんがテレビに登場した時、2年の先生がたがテレビを見いってしまい、給食の片づけができなくなった時、その先生は2年生の教室まで行って、指導してた。三男は自慢していました。子供たちは、見ていないようで良く見てるのです。

そしてその先生がこの三月、大学院に進学する。ということで、学校を去ることに。
突然のニュースに子供たちは皆びっくり。

先生は生徒が自由に選べるものでもありません。まさに子供たちが最初に体験する大きな縁です。今回一度縁が切れますが、最も多感な中学時代にお世話になった先生として、彼らの大きな支えになってほしいと思うほど、彼らは良い縁に会ったと思います。

先生お世話になりました。

(気がつくと、このよりちゃん日記も今回で900回目です。皆様ご愛読ありがとうございます。)
3




AutoPage最新お知らせ