びみょ〜  

●びみょ〜。
我が家の次男がよく使う言葉は「びみょ〜」。

「このCD良かったろ?」「びみょ〜」。

良かったのか良くなかったのか、わからない。

「そんなに良くはなかったが、まあ普通。」でも「つまらなかった。」と答えると相手が気づ付くので、あいまいに答える言葉。と理解している。

もしくは、微妙に「良かった」「悪かった」の省略形で、つっこまれて聞かれた答える。ただ説明するのはめんどうだ。とも解釈できる。

最近の日本語は難しい。

●モノマネ

昨晩なつかしいプロレスラーの特集をやっておりました。
私の高校生時代は、爆発的なブームでゴールデンタイムでやっておりました。

アントニオ猪木、ブッチャー、スタンハンセン、ジャンアイト馬場、タイガーマスク、タイガージェットシン、など、名前を出すと、懐かしいと思われる方もいらっしゃると思います。

その中で20年前のアニマル浜口選手が出ておりました。三男君が分からず、モノマネで教えてあげようとすると、「イチ、ニー、サン ダ〜」と教えると、

脇で聞いていた家内が、「違う違う。気合いだ〜、気合いだ〜の方」と訂正。

さらに、「う〜わ〜はっはは〜、う〜わ〜はっはは〜、う〜わ〜はっはは〜」と頼まれもしないのに、腰に手をあてて、モノマネ。

家族で大笑いしてしまいました。

笑門来福

●オリジナルブレンド

私が寄せ植えを最近作るとき、培養土と腐葉土を混ぜて作ります。

現場で忙しい中で、たくさん作るので、培養土の方が間違いなく花を育ててくれます。

でも注意しないといけないのが培養土種類。経験でモノによって全く違うのを知っています。

数日前、有機農法で有名な金子美登さんが、NHKのプロフェショナルに出演されておりました。

その中で金子さんが、腐葉土を混ぜる大切さをこう説明されていました。

窒素・リン酸・カリウム以外で、ほんのわずかだけれど、必要な養分がある。腐葉土をあげると、それらを持っていた植物の腐葉分をあげる訳だから良い。その通りです。

私はそれらに、●●を混ぜてオリジナルブレンド土を作ります。(すいませんここからは企業秘密です)そうすると全く違います。

あと数か月で春です。みなさん花壇の準備はできてますか?
3




AutoPage最新お知らせ