天地人  

●天地人

天地人というと、NHKの大河ドラマをすぐ思い出します。「私も最終回まであと2回」という言葉にたいへん弱い私。前回はしっかり見てしまいました。

しかし天地人はドラマのタイトルだけではありません。これも実は天地人なんです。
クリックすると元のサイズで表示します写真は今日OB施主様のところで撮らせて頂いた写真です。

「どこが天地人なの?」と思われるでしょう。

菊の仕立て方を天地人と言うそうです。写真は様々な高さでいろんな色がありますが、一鉢に三輪と決まっていて、一番奥の高いのが天、そして手前の二つが地と人です。

天は花半分くらい高く、そして地人はほぼ同じ高さに仕立てるそうです。「根っこの高さで調整すれば簡単じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はこの三本根本を見ると、同じ茎から三方に枝分かれさせるので、なかなか思うようにいかないそうです。確かにそのバランスがとれた鉢はとても美しく見えます。

いけばなでも実際には同様に「真副体」と呼ばされるやはり決まりがあり、それを生かしたり崩したりして活けています。完全に自由ではないのです。

今古いものが見直されています。それはモノだけではありません。格式が高くて近づきにくい物のなかにも、すばらしい技術や作法があります。

華道池坊の家元、池坊専永さんは、「足でいける」大切さをこう述べられています。

「植物の生長は様々な困難と隣り合わせです。石や人に邪魔されたり、それらに耐えて成長しまし。その姿が美しいのであり、その生きていく姿勢が美しいのです。」

「お花屋さんの花は自然の花と違います。本当の花の姿は自然の中でしかないのです。野山を歩き、自然はどのような所に芽を出し、どのように風雪に耐えながら生きて育ち花を十分咲かせるか見出さなければなりません。<いけばなでは足でいけよ>というように野山に入って植物の生きている姿をみるのが重要です。


そこにはお花の世界だけではなく、人生にも通じる真理があります。
男性でも女性でも、困難にぶつかっても、そこで諦めずにがんばっている人はかっこ悪くて、心から感動します。かつてオリンピックのマラソンでフラフラになりながらゴールした光景を思い出します。

やはり何かに必死に打ち込んでいる人は、どんなに美しく化粧した人より、人間性がにじみでて魅力的に感じます。

また足を動かすことは、営業の基本でもあります。かつて足利銀行の再建に取り組んだ頭取は支店長に「靴底減らし営業」を徹底されていました。もうその話を聞いただけで頭取の手腕と人格が確信できる言葉でした。

創造の世界では手でしょう。とにかく手を動かすこと。頭の中でいくら考えてもダメ、たくさん手を動かしているうちに、すばらしい線が生み出されます。

「足でいける」本当にすばらしい言葉です。今華道の人口が極端に減っています。かつてはご年配の方に聞くと花嫁修業として通っている方多かったようです。しかし今の時代、カルチャースクールで、やってみたことを、やりたいだけやってみて、いろんなことをやってみたい。ことが手軽にできる時代です。

入門して、お月謝を払って、看板をとるたびに費用が掛り、人によっては付け届けが必要な先生もいたりする。今までのやり方では難しいのでしょう。

自然の花の美しさを華道を通じて知る前に、止めてしまうのはしょうがない。が本当に残念です。
4




AutoPage最新お知らせ