ほれぼれ  

今日は、仕事の合間にカレンダーをお客様へお届けしています。普段はなかなかお伺いできないので、しっかり回らせて頂きます。

お庭のお仕事をさせて頂いたお客さまへお伺いするのはとても楽しみ。ご不在でもお庭がどう変わったか見させて頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは3年前にお引き渡ししたさくら市のお客様の写真です。

お客様がご自分で植えられた、オリーブとユーカリが3メートル近く成長し、塀と建物の間に緑の壁ができて、当初より数倍も素敵な外観に変わっていて、とっても

「5月頃、塀の左側にある白いバラが咲き乱れて、オリーブの花も咲いてもっと綺麗でした。」と奥様が教えてくれました。

今でも十分きれいですから、春はもっとすごいのでしょうね。

Y様素敵なお庭にして頂きありがとうございます。
2

超便利〜。  

●図書館が便利

市立図書館がHPで資料検索ができるようになって、とても便利になりました。

小説など別として、仕事の資料は2・3時間読めば十分なものが多く、買うのがもったいないケースがほとんどです。

またどうしても欲しくても絶版本になっている資料が検索してあったりすると本当にラッキーです。

便利になった理由は検索できるだけでありません。車で一時間近くかけて行かなくても、HPで発注すれば、事務所から車で5分もかからない地元の公民館で受け取ること
ができるのです。だいたい2・3日で借りられるので十分間に合います。

実際に借りてゆっくり読んでみると、せいぜい2ページ位しか必要でない場合があり、買って積んでおくと、いつの間にかその存在すら忘れてしまい、本が増えていく一方です。

本当に必要な場合は、思い出して何度も借りることがあります。その場合、やはり自分にとって必要だと確認するすることになり、購入するようにしています。専門書は発行部数も少なく、アマゾンでも絶版になると値段が数倍になることがあります。

今回借りるのが3回目になるのが、「デザイナーと道具」。プロダクトデザイナーで有名な佐藤卓さんが企画構成した本です。さまざまな分野で最も活躍しているデザイナー43名が愛用している道具とそれを使ったラフ図を載せて、こだわりを書いています。

デザインや設計をする場合、一番苦しむのがプロセスです。ある程度頭の中でイメージができると、あとは仕上げるだけですが、その間が一番悩みもだえる時ではないでしょうか。

彼らの仕上がった作品は常に、建物や製品として売り場だえでなく、雑誌で否応なくみることができます。しかしその過程でどう組立て行くのかは、プロセスの時に使っている道具を説明していくと、自然と繋がっていくようです。

「そうか、そんな道具を使うと、そういうやり方になり、考えがまとまっていくんだ」と一般の人でも知っている有名建築士が、どこでもある赤鉛筆一本を載せているだけでも参考になります。

まあ世の男性は文房具や工具は大好きですよね。バーベキューセットでも凝っている人は年に数回しか使わないのに、外国製のいいものを使っている人もいますものね。

ということで、触発されて買ったrotringのシャーペンの写真を載せてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

でも道具はいいけど、仕事はイマイチね。と言われないようにがんばります。 ̄^ ̄
2

から揚げ弁当とお寿司  

●帰ってきたぞ〜。

我が家の三男君は冒険教室。
宇都宮の中学校は三泊の泊まり込みの研修を一年生の時に行います。
教科書は一切使わず、木登りをしたり、みんなと協力しないと達成できないオリエンテーリングなど、生きる力を養うための研修だそうです。

更にみんなで遊べるものだったら、ゲームを持ってきても良いらしく、毎晩トランプや将棋で夜は自由で、とても楽しいそうです。三男くんはチェスを持って行きました。

前の晩、三男くんは興奮のあまり、お兄ちゃん達までを巻き込み遅くまで起きて大騒ぎしておりました。

一泊した朝、家内と「やっぱり一人いないとさびしいね〜。」と話していたら、お昼頃担任の先生から「釣りをしていたら、唇が急に腫れだしたので病院に連れて行きます」との連絡が。

「すわ、だれかに殴られたのか」と心配していたところ、まったくそんなことはなく「釣りをしていて、ミミズを触った手で唇を触ったら急に腫れだした」とのこと。

連れて行って頂いた病院がなんと事務所からすぐそば。幸い病状はたいしたことなくお昼を食べて研修に戻って良いとのこと。研修センターの昼食時間は終了していたので、コンビニでお弁当を買い事務所で一緒に食事。


「事務所が近いのでお弁当を買って食べさせます。」と先生と話しているのを聞きながら、「やっぱり、レストランっていうのは無理か〜]と秘かにがっかりしていたそうですが、この時ぞとばかりに、大好物のから揚げ弁当とお寿司を二つも買い、うれしそうにほおばっておりました。

さびしいな〜。と思っていたら早速の帰還にびっくりの一日でした。なにはともあれ無事で何より。

クリックすると元のサイズで表示します
もともとあった南天と石を使って、目隠しに植えてみました。
1

何かいるぞ〜。  

●勤労感謝の日
昨日は現場、今日は見積もりと休日も楽しくお仕事をさせて頂いております。

仕事しているのは私だけでなく、朝から建具屋さんから電話。運転中で電話に出られず留守番電話を聞くと、(お客様の前で、取り付けたばかりの棚で20回懸垂をした伝説の男)

「私は勤労感謝の日は、働く者だと父から教わりました。建具の見積もりの件で打ち合わせをしたいので、電話しました。また電話します」との録音。一応気を使ってくれているようです。さっそく電話してお互い働き者を確認して打ち合わせ終了。

すると、事務所の隅のほうから、「カタカタ」と音が時々聞こえてきます。虫類が苦手な私。おそるおそる、机を動かしてのぞいてみても何もいません。

おかしいな?外に回って探してみると、どうも建物のコーナーから音が出ています。よーく見ると隙間から鳥の口ばしが動いています。

スズメが間違って入ってしまい、抜けられなくなった様子。さっそく工具セットからペンチやひっかけ金具を使って隙間を開けてあげると、小さな雀が飛び出てきました。

羽を怪我してもう飛べないようす。こればかりはどうしようもありません。そーっと他の動物に見つからない場所に逃がしてあげるだけで精一杯でした。

●宿根草
クリックすると元のサイズで表示します
ふと事務所の花壇を見ると、ピンクのかわいい花が咲いています。
花の名前はヒメツルソバ。宿根草です。時々お客様のところで使った花を事務所に植えます。栃木の冬は寒いので、大丈夫か実際にたしかめたいのもあります。

でも忙しい毎日。一年後にはすっかり忘れております。「そうそうここに植えたんだ。」結構丈夫で大発生しています。飽きることさえなければ、宿根草も費用がかからず、季節も教えてくれるのでうれしいですね。

●趣味
クリックすると元のサイズで表示します
(田沢春美画集より。木りん倶楽部のトレードマークのきりんの作者です)
15年ぶりに再開した趣味のチェロ。先々週の土曜日コンサートが終わりました。
以前は本番前、舞台の袖で冗談を話すほどリラックスしていたのが、今回は心臓がバクバクして、もう倒れるかと思うほど緊張しました。この15年、仕事と家庭以外本当に何もなかった月日でした。弾いている最中はすべてのことを忘れる時間でした。またしばらくは仕事に専念。次回は来年の10月末。また参加できるといいな〜。と思うだけでも幸せです。
1

韓流ラーメン  

●韓流ラーメン

我が家の三男は接待上手。お友達を招いてはごちそうします。昨日はラーメンを作ってごちそうしたらしい。

二男「マー君がラーメン作って友達と分けちゃったよ〜」
我が家では今、韓国インスタントラーメンが大ブレーク中。

最初は作り方がわからず、カップラーメンと同じようにお湯をかけて食べていたらしく。ある時作り方を教えたとたん、買ってきてもあっという間になくなるようになりました。

早い者勝ちなので、名前を書いておかないと、最後に帰ってくる長男までいつも回ってきません。

昨日は、たまたま名前を書かずに残っていた最後の一個。三兄弟が虎視眈々と狙っていたところ、三男が友達三人呼んで試食してしまいました。

内の子供たちは本当にたくさん友達を呼んできます。昨日も三男が友達を三人呼び、二男も友達一人連れてきて、たまたま長男が早く帰ってきたので、計6人もの中高生が集まった。狭い我が家は真っ黒(学ランだらけ)。玄関は靴だらけ足の踏み場もない。「うちで塾が開けるね」と家内と笑い合うほど。あまりにも真っ黒なので、「たまには女の子の友達呼んで来い」と言っても、硬派な彼らは女の子は苦手なようです。

それでなくても食べざかりの男の子三人。すぐにお菓子も尽きる上、友達がたくさん来ます。食べるものがなくなると、「これいけるんだよ」と梅干しとお茶で接待することもあるようです。にぎやかなうちが花。我が家はとっても楽しい。

●2等賞

三兄弟。長男と二男は短距離が速いのですが、三男は短距離で一等賞をとったことが、幼稚園から中学校まで一度もありませんでした。

昨日中学校でマラソン大会がありました。「どうだった?」と聞くと、「うん7位」と無表情の返事。中学生になると、思春期で照れ隠しするようになります。うちの学校は一年生と二年生は一緒に走ります。「じゃあ一年生では何位?」と聞くと。「2位」再度無表情。「クラスのみんなびっくりしていたろう?」「うん、びっくりしてた」

そうなんです。三男は小学校からなぜか長距離が得意なんです。

子供からいろいろ学ぶことがあります。性格も三人三様です。みんな性格が違います。運動も同じなんですね。もし学校でマラソン大会がなければ、三男は運動神経が他の子よりない。と錯覚してしまうところです。人の長所は隠れていることがあります。見抜く力は本当に大切です。

また仕事でも人生でも、短期で物を見ることと、長期で物を見ることをしっかり区別しないといけないことも改めて感じました。

自転車レースで最初物凄い勢いで飛び出した自転車が後半脱落し、しっかり試合運びを考えていた自転車が総合優勝することはよくあることです。

事業でも、数年派手に活躍していた会社が、いつの間にか名前すら聞かなくなることがあります。もしその様な会社にあこがれてしまい、真似をしたら、自分も同じような結果になることは間違いありません。

相手のそして自分の長所をしっかり見つけ、他に惑わされることなく、一歩一歩積み上げる大切さを教えられた気がした結果でした。

(今日の日記は親ばか日記でした。ごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します
4




AutoPage最新お知らせ