トイレリフォームとチームワーク  

秋のリフォームシーズンで、今週は毎日7時に家を出て現場直行。

前の晩に、現場で出た廃材を倉庫まで処分しに行くのが夜の9時頃。

そして材料を積んで、トラックで自宅に帰る毎日。

今週初めて自家用車で家に帰れるのでほっとしております。

更に二月に一度参加している設計の勉強会が週末東京であり、毎朝4時に起きて宿題の図面をコツコツかいているとても充実した一週間です。

勉強会に参加して2年目ですが、「とにかく課題を期日までにだせばいいや。」という甘い考え方をしていた、自分に改めて気づく今回の宿題。

当然押えていないといけない寸法をわかっていなかった自分に、人間の弱さをじみじみ感じております。でもなんとか目途がつき、今回も無事課題が出せそうでほっとしています。

さて、今週もさせて頂いたトイレのリフォーム。9月から毎週のようにトイレ工事をさせて頂いております。運がついてきたようです。

トイレは、一家に一台の場合、その日のうちに仕上げないといけません。会社さんによってはいろんなやり方があるかと思いますが、うちでは朝7時半にスタートして夜の9時までに終わらせる突貫工事。

なぜそんな時間がかかるかと言うと、まず大工さん、設備屋さん、電気屋さん、クロス屋さんと4つの業者さんが入るのですが、通常半坪程の広さなので、同時に入れず、仕上がるごとに入れ替わって仕事をします。

解体して、配管して、下地を作って、電気配線して、クロスを貼って、トイレを取り付けるのですが、平均2時間の工事が6つあると、12時間は最低かかる計算になります。

うちの職人さん達は、そんな現場で朝早くから遅くまで、本当によく、協力してくれます。お互い次の人がやりやすいように、更にひと手間かけて仕事をしてくれます。

時間があったら、解体や掃除や片付けまで手伝ってくれます。仕事もみんな速くて丁寧なので、最後の仕上がりもとても満足しています。

さてさて今回はクロスやさんの話。

お客様の選ばれたのは猫や犬などの柄入りのクロス。

クロスの幅は約1メートルなので貼り合せていくのですが、忙しいのに角々をつなぐ時にちゃんと首や胴体があうように、きちんとあわせてくれます。

「社長、でも今回すごくつらいんです。だってクロスを切るとき、動物の柄も裁断するので、なんか動物を切っているみたいで・・・・。」

職人さんで一番真面目なクロス屋さん。仕事は本当に丁寧。そして、こんなに心優しい職人さんなのです。

木りん倶楽部は、こんな素敵で、責任感の強い職人さん達に支えられているのです。

本当に感謝です。

4




AutoPage最新お知らせ