椿山荘で  

○椿山荘

昨日は東京に出張したものの、仕事が突然キャンセルになり、突然空白の時間ができてしまいました。

何をしようかと迷ったところ、前々から行きたかった椿山荘に行ってきました。

あの結婚式場に何をしに行ったの?と聞かれるかもしれませんが、あそこの庭はとてもいい。と聞いていたので、一度是非見たかったのです。

しかし都内は交通手段がほぼ電車なので、とにかく歩きます。JRと有楽町線を乗り換え更に20分くらい歩いたでしょうか。

更に昨日は午前中はさくら市と宇都宮で現場と打ち合わせの後だったので、たどり着いた時には疲労困憊状態でしたが、自然の力は本当にすばらしい。

椿山荘の中を歩いていると、本当に不思議なことに、疲れを忘れ、元気が戻ってきました。

最高級ホテル・フォーシーズン椿山荘の大理石と分厚い絨毯の正面玄関から入っため、ボーイの方にドアを開けてもらい、「やばい」と思ったのですが、もう正面突破しかなく、すばらしい装飾のホールを突き抜けた先に庭園はありました。

都内とは思えない、二つの山があり、一つの山に高層ホテルがそびえる様に建ち、そこから反対側の山は、雑木の山になっています。
クリックすると元のサイズで表示します
そう山の頂きには、山陰地方から実際に移築した三重の塔が程よく、景観を作っています。

ホテルから向うの山まで行くのに、谷を降りていきます。ふと道の脇にはモミジに覆われた小川が清らかに流れています。
クリックすると元のサイズで表示します

そして三重塔のある山の上まで登りきった時、息をきるどころか、今まで初めての経験です。すべての疲れを忘れ幸せな気持で体が満ち溢れていました。
緑の力のすごさと、自分が本当にお庭が好きなんだ。ということがよく分かりました。

山の反対側からみても、ホテルがなるべく見えないように、うまく木を植えてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

以前、私のお庭造りの師匠正木覚先生から教えて頂いたことがあります。明治の天才造園家小川治兵衛が作った京都の無隣庵のお庭が実は今の日本の自然風庭園のオリジナルだということを。

京都は枯山水など禅宗のお庭の方が、本や雑誌に取り上げられていますが、南禅寺のそばにあるそのすばらしいお庭に必ず行こうと思っています。

その前に、無隣庵を治兵衛に依頼した山県有朋が、東京に作った名園椿山荘をみることができてとても幸せな気持で帰ってきました。
1




AutoPage最新お知らせ