夜襲を受ける  

○夜襲

昨晩、高校生の長男の帰りが遅い。携帯を忘れて行ったため連絡がとれない。

11時過ぎ、「バタッ」と玄関の開く音。

「ねえ、友達が終電に間に合わなくて帰れなくなった、今日泊めてもいい?」

我が家は大騒ぎ。

男性の私は構わないが、こういうのは、主婦の方が負担が大きい。

「帰れないならしょうがないでしょ」と慌てて長男の夕食を二つに分けていると、

「友達二人なんだけど」

「・・・・・」

あわてて、三人分に分けて、我が家に迎え入れる。

三人で、昨日は図書館で勉強。

友達二人は、別の町からローカル線で電車通学している子たちだが、閉館間際に二人とも居眠りしてしまったらしい。

いろいろあてを探したが、我が家しかなかったらしい。

なんとか、予備の布団とキャンプ用のシュラフを出して、泊まって帰った。

しかし、背丈はもう大人だけれど、まだまだ高校生って子供ですね。

そういえば、私も高校生の時、何度か友達の所に泊めてもらったことを思い出します。

びっくりの秋の夜でした。

一人で帰って来てたら、大目玉でしたが、命拾いの長男君でした。

○、薔薇

クリックすると元のサイズで表示します
「事務所の薔薇は、円熟した女性みたい。」とよりちゃんママがいうとおり、結構迫力があります。

お花屋さんではこのバラは一本300円から。今年は結構なったので、とってもうれしい気分です。お庭のお花は、お庭だけでなく、リビングやダイニングなど室内も飾れるので本当に楽しいですよね。
2




AutoPage最新お知らせ