家族の風景  

私の父親はまだ現役バリバリの昭和一桁生まれ。

よりちゃん日記を読んで頂いている、ガーデニングのOB施主様にはとっても身近な存在。

仕事が終わる頃には、お客さまから「おやじさん。おやじさん。」と呼んで頂き、まんざらでもない様子。

本田技研さんやキャノンなどの御客様は、他県出身の方が多く、父親のように思って頂いているようです。

もともとはっきり物をいうタイプなので、ハラハラ脇で見ていますが、誠心誠意お話をさせて頂いているので、皆様に心から信頼して頂いています。

会長は、土木が好きで若い頃から工場や店舗などの大きな基礎工事もしてきたので、木りん倶楽部の外構はデザインだけでなく基礎はがっちり自信があります。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真は旧河内町田原海道沿いの現場です。(田原中の手前)

当初こちらの土留コンクリートは基礎工事があまく、傾いていました。
幅30メートル、となりの田んぼから2メートル近く段差がありました。

既存の基礎を一度撤去し、基礎を作り直して、化粧ブロックとフェンスを取り付けさせて頂きました。木りん倶楽部の会長である父の得意分野でした。

基礎もブロックも線がそろうとすっきりして美しいものですね。
4




AutoPage最新お知らせ