親子けんか  

○秋の空
クリックすると元のサイズで表示します
今週に入ってすっかり空の色が秋空に変わりました。あまりにも自然が美しいので上河内を営業中、写真をパチリ。空気が澄んできたので、那須の山がすぐそこにあって、車で20分位で行ける錯覚を覚えます。(実際90分はかかります)関東平野は収穫前の田が本当に黄金色に輝き、田の豊穣の薫りが気持を豊かにしてくれます。都会に住んでいる方是非、栃木にお越しください。

○お花の先生。

いつもお花を習っている教室が改装されるので、お稽古場が近くのマンションに変更されました。いつも教室に着くのが、20時過ぎ。先生は御歳78歳のおばやちゃん先生。舞踊や詩吟も教えているので、いつもカクシャクとされています。

デザインやガーデンの仕事をしているので、お花の活け方を習っていると言うよりは、先生がお花を生けている時に、脇で感性を養っている。そんな感じです。

自分で活けて、直して貰う時と、最初から教えてもらう時は半分半分くらい。自分で活ける場合は、先生がいないと活けられないことがないように、自立しているかの確認と創造力アップ。

最初から活けて頂くときは、池坊の形式を習う時と、じっくり感性を磨く時。先生が仕上げていく時、バランスの取り方や、材料材料の使い方など、左脳でなく、右脳で見る感じが最近特に感じます。

昔は、こと細かに順番や寸法などメモや写真でしたが、「最近はこんな感じなんだな〜」という覚え方です。

昨日は、花器に対して斜めに活ける方法を教えて頂きました。今までに同じ活け方を習っていたのですが、昨日初めて「ああ、そういうことか」とやはり右脳で分かった感じです。先生の一言「左長右短」を初めて聞き逃さず理解しました。

時々、生花の県内全体の研究会で、他の先生から活け方を「今ではそう活けない」と指摘されることがあります。たまたま古本屋さんで、昔の池坊の本を見たら実際は自分の先生の活け方でした。それ以来、先生を信じて美しさの基準を決めています。

○親子けんか

さてさて、仕事が終わり、お花のお稽古が終わって帰ると11時前。食卓では受験生の
次男が受験勉強。「腰が痛いんだよ〜」次男は三兄弟でも特にがんばりやさん。長時間同じ姿勢で勉強しているので、つらいのでしょう。

「そういうのは、手術しても治らない。自分でストレッチなんかして、上手に直すんだよ」とアドバイスして、腰を回す運動を教えてあげたところ、

脇にいた三男が爆笑。次男もつられて笑い出すします。

こ〜ら〜
久しぶりに父親爆発

「まじめに話しているのに、もうおまえら〜2階へ行け〜」の一言に、その場にいた次男君と三男君はスゴスゴ撤退していきました。

そのまま放って置いたところ、更に塾で遅く帰ってきた何もしらない長男君が2階へ一度行き、食卓で食事しながら「次男が真面目な顔して腰を回しているけど、どうしたの?」

いい家族に恵まれて本当に幸せです。
1

素敵なプレゼント  

昨日、2年前お庭の工事をさせて頂いたお客様のところにお伺いしました。

玄関と駐車場をむすぶアプローチのお仕事をさせて頂きました。

奥様はお花がとても大好きな方なので、どんな感じに変わっているか楽しみにしていました。

どちらかと言うと、和風のお庭だったのが、すっかり洋風のお庭に変わっていてびっくりしました。

14種類の薔薇がとても存在感があり、特にアプローチの途中のアイアンのアーチに絡ませた薔薇のアーチはとても素敵でした。

知人の方が、「ここのお庭は見ているだけで元気になれる」とおっしゃられたそうです。

私もとても素敵なお庭に仕上げられたと思います。すばらしいです。

やっぱり大好きなことをすると、まわりの人を幸せにできるんですね。

帰りに薔薇の苗を頂いてきました。

「やった〜。」御客様の前にも関わらず、子供のような声で喜びを表現してしまいました。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

人生いろいろ  

○脱走

食欲の秋、ついついご飯をおかわりしてしまうこの頃、「なんとなくお腹まわりに張りが出てきたかな〜。」と朝食で一言漏らすと、

「私もそう思った。座っている姿が丸い」の妻の一言に、毎朝5時に起きて30分位散歩する回数が増えてきたこの頃です。

さてさて今朝は大事件発生。いつもその家の前を通ると必ずほえるクロ。次男の友達の家の番犬が、なんと家の前をウロウロ。本名はゴンタと言うらしいのですが、私は勝手に真っ黒なので、クロと名づけおりました。

そう脱走したのです。「う、やば〜、クロだ〜」。でも脱走して余程嬉しかったのでしょうか、私の方に、尻尾をふって寄ってきます。

仕事前の大事な体、そ知らぬふりをして、そ〜っと逃げることができました。ジョギングが終わってその家の前を通ると、脱走したクロはどこかに遊びに行った模様。

「大事件発生。クロが脱走したぞ〜。でも尻尾を振ってたから、俺のこと本当は嫌ってなかったんだわ〜」朝食の支度をしていた家内も大笑い。「よかったね〜。追いかけられなくて」

今朝の一番登校は三男君。バスケ部の朝錬。6時すぎに出た彼、なぜか数分後に、帰宅。

「スワ、クロに追いかけられたか〜」と尋ねたところ、「大丈夫普段クロと仲がいいから。忘れ物しただけだから。でも学校まで着いてきそうだよ〜」とのこと。

今朝の食卓ではクロ大脱走事件で大盛り上がりでした〜。

○人生いろいろ

インテリアコーディネータの資格を持っているものの、色については真剣に勉強したことがなく、ちょっと不安な私。

という訳で昨日地元のIC協会主催の勉強会に参加してきました。

いや〜参加して本当に良かったです。今まで勘で絵を描いたり、ご提案をしていたのですが、根本的な自分の間違いに気づきました。

もともと男性は色にあまり興味がないもの。赤といえばそれほど何種類の色を思いつきませんが、女性は違います。体質的な違いなのかと思っていましたが、きちんとした理論を学ぶと、ただ興味がないので、知識がないのが原因だとわかりました。

さっそく、今朝車からみる建物の色が180度変わったくらい違います。

「人生万事塞翁が馬。」人生も見方、考え方によって全く変わります。ちょっとした、キッカケは本当に身近なところにあったり、偶然あったりするもの。チャンスを逃すな。と自分に叱咤激励。

クリックすると元のサイズで表示します
空が随分青くなった秋です。
1

珪藻土なら  

こちらの写真は、豊郷台で内装工事をさせて頂いた写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

結露対策に既存のクロスをとって、珪藻土をぬらせて頂きました。

収納付の畳床は、ベットとしても使って頂いています。また下にキャスター付の引き出しが4台入入るので、衣替えの時とっても便利です。(吊戸棚もセットです)

さて、木りん倶楽部では、「悠久楽土」の取り扱いを始めました。
これは自然素材100%の塗り壁材で、かのチルチンびとの推奨品です。

石灰石は地元佐野の葛生石灰と鹿沼土を使った、栃木県民にはとってもうれしい県産材です。

オーガニック、ロハス、自然素材の住まいにご興味のある方でお部屋を自然素材で仕上げたい方、是非御問合せ下さい。
3

家族の風景  

私の父親はまだ現役バリバリの昭和一桁生まれ。

よりちゃん日記を読んで頂いている、ガーデニングのOB施主様にはとっても身近な存在。

仕事が終わる頃には、お客さまから「おやじさん。おやじさん。」と呼んで頂き、まんざらでもない様子。

本田技研さんやキャノンなどの御客様は、他県出身の方が多く、父親のように思って頂いているようです。

もともとはっきり物をいうタイプなので、ハラハラ脇で見ていますが、誠心誠意お話をさせて頂いているので、皆様に心から信頼して頂いています。

会長は、土木が好きで若い頃から工場や店舗などの大きな基礎工事もしてきたので、木りん倶楽部の外構はデザインだけでなく基礎はがっちり自信があります。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真は旧河内町田原海道沿いの現場です。(田原中の手前)

当初こちらの土留コンクリートは基礎工事があまく、傾いていました。
幅30メートル、となりの田んぼから2メートル近く段差がありました。

既存の基礎を一度撤去し、基礎を作り直して、化粧ブロックとフェンスを取り付けさせて頂きました。木りん倶楽部の会長である父の得意分野でした。

基礎もブロックも線がそろうとすっきりして美しいものですね。
4




AutoPage最新お知らせ