キャンプ  

家族で一泊キャンプに行ってきました。

行き先は福島県矢祭町。

自営業なので、いつ仕事が入るか分からないので、旅行はなかなか予約ができません。

お盆までに仕事の段取りがつき目先がついてから、車にテントを寝袋を積み、どこかのキャンプ場を目指して出発。

あるとき、どこもキャンプ場が開いていなくて、もう帰ろうかと福島を走っていたら、ちょうど矢祭町に入ったところで、公園の看板を見つけ、急遽そこで泊った思い出の地です。

<クリックすると元のサイズで表示します

川沿いにあるので、涼しくて一晩中川の音が聞こえてきます。

山に囲まれているので、満天の星が輝いて見えます。

ほとんど宣伝をしていないので、バンガローも我が家ともうひと家族だけなので、気楽に泊まれてよかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
矢祭町 矢祭公園内にて

人数に関係なく、バンガローの使用料3500円だけで住むので、その分しっかりバーベキューと花火にまわして充実のキャンプとなりました。

この時期お隣の茨城でも海の旅館に泊まったら、5人だと平気で10万かかりますよね。

キャンプ場には、野球場くらいの大きさの広場があり、家族で野球ができます。

朝は一人で公園内の里山を散歩しました。

仕ナラ、モミジ、サクラ、カラマツと木種を確認しながら、どうして自然ってこんなに美しくバランスが取れるんだろうと、眺めているだけでも貴重な時間です。

先日行った川崎市の温泉で、黒川温泉で有名な後藤さんが実際に自然風に植栽した景色を思い出しました。

時々、雷か松くい虫にやられたかのように枯れた木をわざと配置していましたが、後藤さんの自然の見せ方を確認できたのもありがたかったです。


さてさて、皆さんも、
もったいない図書館で全国に有名な矢祭町。紅葉の美しいこの秋に一度行ってみられたらいかがでしょうか?
2




AutoPage最新お知らせ