足でいける  

今学んでいる華道池坊の家元池坊専永さんはこう語っています。

「お花屋さんで見る花は自然に生えている花とは違います。

それは農家の方が丹精込めて作った育てた作品です。

本当の花の姿は、自然の中にしかないです。

それを知ろうと思うならば、野や山を歩き、自然のどのような所に芽を出し、どのように風雪に耐えながら生きて育ち、花を咲かせるかを見なければなりません。

「いけばなは足でいけよ」というように、野山に分け入って植物の生きている姿をみるのが重要なのです。

先週の日曜日、活花の研究会に参加してきました。

県内から100人近い門弟が集まり、時間内に作品を作り、講師の先生に見てもらうのです。

批評は、「もう少しためたほうがいい。」

活花では、枝を折れない程度に曲げて形をつくりことを曲げるといいます。

最近、どうも活花でも、お庭に木や花を植えるときでも、バランスをとって美しく作りすぎるのが、どうも良いと思わなくなりました。

確かに活花には、形があり、その形に近づけるために、ためたり、針金を使うのですが、凛とし過ぎるというか、整い過ぎるのがどうも見ていて疲れるのです。

お花の教科書や本ばかり見ていると、どうしても美しさばかり追求して、つい自然の姿から遠ざかるのではないでしょうか。

日本一の黒川温泉は、何も特色もない、田舎の温泉でした。

その黒川を一躍人気日本一まで躍進させたリーダーは、作られた庭を壊し、裏山に行って毎日自然の姿を観察し、雑木を掘ってきて露天風呂を作ったことから始まります。

もちおろん人工的に景観をつくるのですが、一本何百万もする松を剪定して京都の立派なものでなく、雑木林、昔の懐かしい古里の景観を作るのは、活花でも、個人庭でも同じことだと思うのです。

その結果、数年前自分の自信作だった植栽の現場を見て、ああすれば良かった。こんなことに気づいていないんだ。と最近反省しています。

忙しさにかまけて、最近は山歩きをしていなので、なんとか出かけたいと思っています。

今が最高のシーズンです。
2

とってもお得なお知らせ  

今車や電化製品を購入すると、減税やポイントカードなどとってもお得なニュースが流れています。

全く目立ちませんが、リフォームでも実はあるんです。

(栃木県内では、悪徳業者が逮捕されて、印象が悪く困っています。真面目な会社も沢山あるんですが・・・)

今回皆様にお知らせするのが、

内窓サッシまたはペアガラスへの交換工事などの断熱改修工事か

太陽光発電またはエコキュート・エコジョーズへの交換などの省エネ工事の二種類です。


工事費の4分の1で60万円までが補助されるとってもお得な内容です。

県外から引っ越されてきて、分譲地を購入されて家を建てたけれど、寒くて我慢できない方。

もう長年住んでいるが、建てた時、ペアガラスなんてなかった。光熱費も上るし、健康のために内窓を入れたい。

こんな方に是非オススメです。

例えば、内窓サッシを全部屋にいれた場合、30万円から50万円かかります。

50万円だと、12.5万円もお得。

またエコキュートなど100万を超す場合は、なんと25万円もお得です。

プリ○スやイ○サイトに負けていないですね。

数に限りがありますので、お早めに御問合せください。

御問合せは、0120-58-1406 木りん倶楽部 橋本まで。
1

オープンガーデンのご案内  

今月号のチラシのメインはオープンガーデンです。

お施主様にたいへんご満足頂き、ご厚意で宇都宮市 豊郷台で見学会を開催させて頂きます。

こちらがそのチラシです。
クリックすると元のサイズで表示します

今回は、今大ブレーク中の石原和幸先生が、益子花博覧会の合間をぬって、現場に来て頂き、自身でお花や緑を植えた貴重なお庭です。

新築の大きな外構工事ではなく、

ちょっと日陰のさびしかったお庭が、毎日お庭に出たくなるような、素敵なお庭に変わる、「お庭に小さなリフォーム」です。

是非みなさま、5月31日(日)当日限りのオープンガーデンに是非ご参加くださいませ。

場所は、こちらです。
クリックすると元のサイズで表示します
お待ちしていま〜す。
0

小さな幸せ  

クリックすると元のサイズで表示します

毎日どんなことに幸せを感じますか?

もちろん仕事だったら「大きな契約を頂いた」「お引渡しをしたら、たいへん喜んで頂いた」「OB施主様からお仕事を頂いた」は言うまでもありません。

でも、身の回りの何気ない、小さな出来事も、確実に一瞬でも幸せを感じさせてくれることもあります。

今の私の毎日の楽しみは二つあります。

「癒されているな〜」と忙しいのについつい手を出してしまうのが、最初の写真。

ふふふ本当に手を出しているでしょ。

これは自称めだか池の点検。(事務所前なので、実際は大鉢ですが)

一つだけ浮かべたホテイアオイの根っ子のメダカの卵の収穫。

いやいや決して食べるわけではありません。

メダカはこの時期産卵。しかしメダカの親は、卵から帰った子を食べてしまうので隔離します。

昨年お客様から頂いたメダカ。昨年は要領を得ず10匹しか越年できませんでした。

そのうち5匹は別のお客様に差し上げたので、

今年は親メダカ9匹を含めて計14匹での産卵。

今のところ、なんと100個以上獲れてる順調なすべりだし。

ホームセンターで売っているのと違い、育てたメダカはとても強く、長生きします。

いつも卵をとりながら、自分が癒されているのに気づきます。

ご来店頂いたらプレゼントしますので、御問合せください。


そしてもうひとつの楽しみは、薔薇。

クリックすると元のサイズで表示します

そう今年初めて事務所に植えたイングリットバーグマン。

ついに二輪目が咲きました。

普段お花を植えたり、活けたりしているのに、

たった一輪の花でも、こんなに気持を弾ませてくれるだと、改めて教えられました。


メダカ、薔薇、やっぱり、自然こそ一番心をいやしてくれると、実感します。

次のプランはご提案する絵にメダカ池をデザインしようかな〜。
1

縁とは不思議なもの  

ご縁の不思議って本当さをしみじみ感じることがあります。

先ごろ、水回りの改築のお仕事を頂いた日光市のお客様で姓が珍しいいらっしゃいまいした。

十年前に、宇都宮市内でやはり水回りの改築を頂いたお客様で同姓の方がいらっしゃたので、確認したところ、なんとご主人さま同士がご兄弟とのことでびっくりしました。

すごい偶然です。

あるお客様からチラシでお問い合わせを頂いたのですが、翌日別のお客様からお問い合わせを頂き、伺ってみるとなんと御隣。

てっきりご親戚同士だと思ってお聞きしたところ、親戚関係はないそうで、こちらもびっくりしたケースです。

最後のびっくりは、先日の石原先生の益子花博覧会でのこと。

メインイベントの100万本に囲まれたガーデン結婚式での出来事。

選ばれたたった一組のカップルが大観衆の中、式を挙げました。

列席された親族の中に、私の知り合いの方が礼服を着て立っているではありませんか。

7年ぶりの再会。

私「あれご親戚なんですか?」

知人「新郎は俺の次男なんだよ」

いや〜、もうびっくりしました。

でもすばらしい結婚式になって本当に良かったです。

どのようなご縁も、いつ再縁するかわかりません。

一期一会の大切さを実感するすばらしい機会でした。
0




AutoPage最新お知らせ