我が家の財務大臣  

我が家の長男は4月に県立高校に無事合格したものの、

進学校のペースになかなかついていけず悪戦苦闘していました。

高校に入ったらもう親としては、もう励ますしかありません。

助けてあげられることと言えば、根気よく付き合ってあげること。

高校英語までなら、教えられるので、(その他は全くだめですが)

週一で一緒に勉強しています。

それと、試験前の暗記のお手伝い。歴史や地理など暗記ものは問題を作って質問してあげます。

先週は期末テスト。

仕事が終わって帰り、早速世界史のお手伝い。

11時頃をまわったころでしょうか、急に疲れがでて、うとうとしてしまいました。

脇で見ていた家内いわく、

「急にロレツが回らなくなり、中川大臣の記者会見そっくりだった」とのこと。

結局家内にバトンタッチして、寝てしまいましたが、翌日は5時に彼を起こして早朝学習。

「受験って、鉄棒にぶら下がるのと同じ。諦めたヤツが手を離して落ちていく。我慢してつかまっていれば、いつの間にか力がついて、急に成績が伸びるからとにかく手を離すな。」

長男のいいところは、成績に関係なく、いつもやる気だけは決して失わないこと。

春はもうすぐ。と祈っています。
0




AutoPage最新お知らせ