徳次郎  

今の事務所は、宇都宮市の徳次郎町にあります。

県外の人はたいてい、とくじろうと読みますが、地元ではとくじらと言います。

由来を聞かれても、徳次郎という名主さんが住んでいたんだ。とごましていましたが、

実際は、久次郎という豪族がいて、日光の本家にはばかり外久次郎と名乗ったところから来ているそうです。

栃木では、方言の発音で「あ」と「い」と「え」の発音がとても紛らわしいです。

特に「い」と「え」の発音はほとんど同じ。

例えば、この近辺で多い苗字の入江さんは「えりい」さんと聞こえます。

「樋口」さんというお店が「といぐち」さんと「とえぐち」さんと2店あります。

私は実は奈良県出身ですが、小学校2年の時に宇都宮に引越ししてきました。

当時は、郊外に行くと、なまりが激しい上、農家の人は口数が少ないので、電話では特に何を言っているのかわからず、とっても困りました。(今では使いこなしていますが)

今でも思い出すのが、高校時代の○付け。

国語の先生が答えを読んでいくのですが、アイウエオの中から選べという問題の時、

その先生がとってもなまっていて、さっぱり分からず、聞こえたのと反対が○で採点したら、やはりあっていました。ハハハ。

ですから、「とくじろう」が「とくじら」なんだと納得しています。

その徳次郎の交差点の紅梅が満開です。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ