ついにあこがれの・・・  

「なんでそんなに時間がかかるの?」

家に戻って家族の一言。

昨晩家にもどったのは23時30分。

始めたのが、夕方の6時。その日のうちに半分も終わらず、翌日にもちこし。

仕事の合間をぬって、翌日の午後一番に始めても終わったのが夕方の5時。

結局9時間かかって仕上がったのは、お花。


一つの花を習うのに、まる一日かかるのが普通なのが、この立花。

教授にならないと、本当は習えないところ、今回先生に無理に教えて頂きました。

「橋本さんがね、どうしても活けたいというから、特別教えてあげる。あなたの熱意に負けたわ。」

その写真がこちら、

クリックすると元のサイズで表示します

確かに時間がかかるのです。

前準備からはじまり、針金を葉や茎に一枚一枚通していきます。

池坊といえば立花。

初めてなので、ほとんど先生に活けてもらったようなもの。

何年後になるかわかりませんが、自分でいけらるようになるのが夢です。
0




AutoPage最新お知らせ