マグロ  

時々子供達にお土産を買って帰ることがあります。

ある年配の方から、子供ってたいした物でなくてもお土産は喜ぶものですよ。と教えてもらったことがある。

確かに、先日次男に冬用のジャンパーを買って帰った時、安物だったけれど、よほど嬉しかったのだろうジャンパーを着たまま布団でその晩は寝ていた。

また先日は三男にしばらく前に大ヒットした「バッテリー」の文庫本を買って帰ったら、普段はマンガしか読まないくせに、枕元にずっと置いてある。

三兄弟だと平等にするため最低3つないといけない。だからついつい止めてしまう。

一人子だと、おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんの4人からプレゼントをもらえるかもしれないが、

3人だと当然競争が激しくなる。

でもその分、どんなものでも感謝する気持が増えるかもしれない。

最近、東京に行く機会が増えた。

めったにないが、時間があるともお土産を買う。

ひさしぶりに上野の御徒町を寄ったので、アメ横を通る。

いつもは、東京バナナが多いのだが、たまには別のものと思い寄り道した。

予算は1000円。海鮮食品や干物が多いので、なかなかない。

諦め変えていると、「3,800円だけど、1,000円でいいよ〜。」

の声に、一度通りすぎたのに、また戻って買ったのはマグロの刺身。

19時頃のアメ横は見切り売りが始まる。

「コレ下さい」子供たちのよろこぶ顔が目に見える。

さっそく翌日は大喜びで子供達は食べておりました。

六本木や表参道もいいけれど、上野御徒町もけっこうスキだ。
0




AutoPage最新お知らせ