氷山の一角  

昔ペプシのコマーシャルをなぜか今でも思い出すことがあります。

何度もみていて、全く思い出せないものもあるのに、印象に残るものは20年近くたっても忘れない。仕事とはそうありたものだと、常々思います。

そのコマーシャル、は王選手 の顔がアップで映し出され、「オー、オッ。オー、オッ。♪」というリズムにのって素振りをするものでした。それだけのCMなのに、ふと思い出すのはなぜでしょう?

さて、今朝のニュースで王さんが早稲田大学で講演をした話が取り上げられていました。

「人間は、氷山の一角で、見える部分は一部しかない。しかし見えないところの底辺はすごく大きい。それをどれだけ持っているかが大切」その様な話をされて締めくくっていました。

私も若い頃は、もう見える部分しかないので、勢いでそこだけを使って勝負していた気がします。

したがって、年配の方から見られると、肩に力が入っていたり、言ってはくれませんが、どこか至らない点があったに違いないとふと思います。

よくこの日記で使わせていただく、相対差と絶対差の点からみてもそう。

よそより、価格が安い。ものが優れている。とかその場しのぎで探してきて、説得していました。時には営業テクニックだとか、応酬話法だとか、ハウツーで仕事を頂こうとするわけです。

しかし、世の中そんなに甘くない。卓上の理論家にはなってはいけませんが、やはりこつこつ継続して学ぶ、身につけていく。つまり絶対差のことを言いたいのです。

40過ぎてからの学びは、かつての慢心さがなくなり、有意義なものになります。

そして、それが氷山の見えない裾野として広がっていく。

男が本番は45歳から65歳だという話があります。それまではどんな失敗してもすべて勉強になる。

現場と知識。志と商売。夢と現実。人間性と技術、才能。それらが偏ることなく、諦めず吸収したのものです。
0




AutoPage最新お知らせ