えっ、キス?  

○えっ、キス?

はじめてその言葉を聞いた時、よく意味が分かりませんでした。

エスキスって言葉ご存知ですか?もちろん建築関係の方はよくご存知だと思います。

(おやじギャクで、皆さん椅子からずり落ちたことでしょう。


意味はスケッチする。要約する。という意味だそうです。

設計士は、本設計に入る前に、ラフでおおまかにプランする作業ですね。

(そうそう、お客様にラフを書きます。と言ったところ、橋本さん裸婦を書くんですか?と大きく仰け反られてしまったことがあるので、使用上はよく注意してお使い下さい

この作業ほんとうに大切です。私も時間がない時、いきなり仕上げようと本設計に入るですが、結局はつじつまが合わなかったり、つまらないプランになってしまうことが殆どです。

いきなり本設計から始めるということは、デテイル(つまり細かいところから仕上げる)わけですが、全体と詳細を同時にすることは、一般の脳では生態情無理なのに、やろうとしてしまうのかもしれません。

いっぺんに二つのことを人間はできないのを、ついついあせってやってしまうのでしょう。

例えば、有名なフェラーリーをデザインした日本人は、CADを使わないで手描きでラインを引きます。手で引いていると、自分でも想像しなかった線が生まれることがあるが、CADではあり得ない。と話されています。

尊敬する設計士吉田桂二先生は、いつも手で図面を書く大切さをお話になります。

音楽もそうでしょう。どんなアーティストでも、最初から仕上がりそれを、楽譜に書いているわけではありません。

モチーフはあるものの、
ピアノやギターを弾きながら作り上げていくのですから、アイデアとは手を動かしながら進行中に、ポンポンとひらめていくと言ったほうが良いのかもしれません。

デザイン業界こそ、アイデアを最も求められる世界。広告のデザイン。工業製品のデザイン。など相当な能力を求められます。

ですからその世界では、アイデアの出し方に関する本がたくさんあり、それは別の業界でもたいへ役立ちます。

たとえば、アイデアを出す場合、まず一日目はお客様の話を聞き、とにかく資料を集める。しかしすぐにその場でデザインしないで、数日アイデアをねかせる。時には楽器を弾いたり、好きな映画をみたり、別のことをする。すると、アイデアが湧いてくるようになる。

こんな手法があると、あるデザイナーの教わったことがあります。

チラシの勉強会で、とてもすばらしいチラシをつくる方が、「○○さんはいいアイデアを神様から降ろしてくる」と話されてたのを聞いて、びっくりしたことがありました。
私はそう思ったことはありませんが・・・。

すばらしいアイデアはとつぜん、ふっと顕れるのを表現したのでしょうが、確かにそんな風に顕れる感じは理解できます。

アイデアを生み出す世界は本当に厳しい時もあります。有名なマンガ家が急に筆をとれなくなり消えていった話は有名ですし。

音楽家が、薬の世界に走り逮捕されたニュースもよく聞きます。

締め切りは、どんな人にも訪れるのですね。

さあ仕事、仕事。楽しく、楽しく。


クリックすると元のサイズで表示します
0

おニューだ〜。  

○仕事を楽しくする工夫

おニューなんて言葉はほとんど使われなくなってしまいました。

先代のCDラジカセは5年愛用していましたが、ついにCDの読み込みが5枚に1枚しかできなくなり、ついに新しい相棒を購入しました。仕事や趣味で使わないので、やまでんで、一番安い物探し。

クリックすると元のサイズで表示します

CDとテープ、ラジオチューナにリモコンまでついて7千円しませんでした。

ブランド名がない、5千円を切るものもあったのですが、やっぱりメーカー品にしました。今まで痛い目にあっていると、安かろう悪かろうの最低基準かもしれません。

ソニーのテープ用ウォークマンやCDラジカセが初めて出た時は3万台はしたことを思えば、価格競争のすごさを実感します。

ところで皆さん集中する時、音楽やラジオをつけながら仕事をしていますか?

私は、学生の頃から、音楽を聴きながらの方が仕事がはかどるタイプです。もちろん事務所で、デザインや設計、タフな見積りをしている時は必需品です。

仕事をはかどらせるには、楽しくできるちょっとした工夫が大切だと思うことがあります。

以前ある外国の哲学者の本で、「仕事をこなすコツはとにかく、机の前に座ってとにかく書き出すこと。」と書かれていたのを思い出します。

やりがいのある量の多い仕事は、やる前からたいへんだ、という思いが強く、なかなか手を着けられないことがあります。

実際にやってみたら、思ったほどたいへんでなかった。というケースの方が多い気も実際にします。人間は放っておいたら、悲観的になる生き物だからでしょうか。

また、とにかく仕事は勢いで8割くらいまではいっぺんに仕上げてしまうことが肝心だ。ということもある日本人の教育者が述べられていました。

手紙を書くのも、完璧に書こうと思ってしまうと、結局書かなくなってしまう。

確かにその通りですね。

私の場合それでも、机の前に座れない場合、自分の好きなことをしながら仕事を始めます。

こんなことを書くとお客さまに叱られてしまうかもしれませんが、絶対にいいプランを作るというプレシャーとの戦い。

でも一度集中できると、後は音楽はほとんど意識しない状態。ですからやはり、仕事はまずきっかけ、最初の10分で決まるのかもしれません。

0




AutoPage最新お知らせ