志の条件  

人生の師と尊敬する上甲晃先生。

その上甲先生は、師の小島直記先生から、志の三つの条件を教わったと聞いたことがあります。

一つ目は、人生のテーマ。

これは仕事のテーマではなく、人生をかけて追い求めるもの。「例えば世の荒みをなくしたい。」

二つ目は、生きる原理原則。

「己の尊徳を越えて行動する」イエローハットの創業者鍵山秀三郎さんは「凡事徹底」

これは、自分の言葉でもっていないといけない。

立派な人の話からぬきとったものではだめ。

三つ目は、言行一致

リーダーにとって、一番恥ずかしいことは「言っていることと、やっていることが違う。

もう8年前になります上甲先生が主催する塾では、毎回読書感想の発表がありました。その時に使った本「後世への最大遺物」内村鑑三の本をひさしぶりに読むと、先生に頂いたサインが出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

志の三つの条件は、その時上甲先生が塾生に話されたことを、本の背表紙にメモしたものです。

仕事のテーマなら出て来ても、人生のテーマは普段考えることがなく、なかなか出てきません。

自分の原理原則も、仕事や人生を、いろんな苦境を乗り越え、悟るものかもしれません。

言行一致もたいへん難しいもの。

私もあるとき、気分にまかせて思いついたことをペラペラ話すことのむなしさに気づいたことがあります。

得意げに話してはいるものお、人の話の受け売りで、自分で苦しんで苦しんで掴み取ったものでないことを話している自分がいる。

「営業生活がながく、相手を説得しないといけない。職業病かもしれない。いくらお客さの前でかっこいいことを言っても、本当にそれを実行できるのか、お前は」

そう思うと、押し黙り、暗く自分の中に閉じこもる必要はまったくありませんが、自分の中の今ある人格の中で話さなくてはいけない。そう思うようになったのです。

言葉は本当に危うい。時に相手の話があまりにもすばらしい話に、「じゃあ、やってみれば」と質問すると、「いや〜。いざやるとなると、○○だったり、××で、ちょっと無理」と返事が帰ってきそうなことが、よくあります。

自分もそうだったんだな〜。と思うとぞっとするのです。

箱根で上甲先生は、この本を読んで「生き様の大切さ」を教えたかったのだと思います。

生き様はどんなにすばらしい学校でも教えていない。東京大学でもそうだ。教えているのは知識だけだ。私達は生きる基本を学び会う場所がなくてはいけない。


人は後世に遺せるものは、金・事業・思想などある。しかし今でいう、孫正義さんのようにすべての人がお金を事業を生み出す才能があるわけでない。それでは才能がない普通の人は、何もできないのだろうか。

いや、すばらしい生き様だけはどんな人でも残せる。死んだ時、子供達に「父親は財産は何も残せなかったが、生き様だけはすばらしかった」そう言ってもらえる生き様をしなさい。

そうこの本には書かれている。と先生は話を締めくくりました。

このような話を普通だれが教えてくれるでしょうか。

師にめぐり合える大切さがここのありました。

三兄弟にそう言ってもらえる生き様を遺す。それがその話を聞いて依頼、私の生きる目的です。
0

息子の携帯  

○携帯電話
高校の合格祝いに初めて子供に携帯電話を持たせた。

三兄弟そろって曰く「中学校でクラスのほとんどが携帯もっている。僕も欲しい。○○ちゃんは毎月3万は使ってるんだよ。この間は7万も使ったんだって。」

我が家では「中学生は絶対だめ。県立高校に合格したらいい」が我が家の法律。

実際に長男の高校でも、回りの人に聞いたら、うちも入学式の後買いに行きます。という人が多かった。

その携帯電話が壊れたらしい。私の名義になっているので私が治しに行く。

「家内が今月携帯代が倍かかっている」と今朝話すと「そんなこと言ったら、俺の友達なんかもっと使ってるよ」と言い応え。

朝から怒るのもあれなので、聞き流していましたが、

この、「回りの人はみんな○○だ。とか友達は○○」ほと都合のいいものってないし、むやみに信じてはいけないものもあります。

自分はどうだろうかと、自問自答。

だれだれがやっているから、自分もそれでいい。そうしなくてはいけない。という考え方になっていないか。

「たとえ○○がそう言っていても、自分はこうする。」

普段流れで仕事をしていると、ついそうなっている自分がいる。

100人いて99人が○と言っても、もし×と言った一人が本当の正解だということは実際あることです。

携帯の費用のこと以上に自分も含め、回りに依存している自分がいないか、反省しています。


○北風

健康診断して、健康がいかに大切か実感しました。

当たり前だと思うことが実は感謝しなくてはいけないことだった。

それは人は好調の時は、天下をとったように元気なのに、やれピンチの時心が負けてしまい落ち込んでしまうのも関係しています。

さてなくしてしまいはじめて気づくものって何があるでしょうか。

日常では人間関係が一番大きいのかもしれません。

仕事ではどうでしょうか。

転職など特に、現実味があります。

大企業の役職者が退職すると、手の平を返したように、対応が変わってしまった。

よく聞く話でもあります。

自分の実力だと思っていたが、肩書きの力で、別の人間に変わっても会社は何事もなく
順調にやっている。

わかっているつもりでも、その時はじめて実感するもの。

10年以上社長業をしていると、うちの会社をやめて、同じ仕事をして、担当先を持っていこうとする人たちは何人もいました。

でも、最初の1.2年はそれなりにやっているようですが、3年過ぎるとダメになるケースがほとんどです。

これはどこの世界でも同じ話を聞きます。

他所へ行っても同じ用にできる。絶頂の時はそう思います。しかし実はそうではない何かがある。

それが、信用であったり、歴史であったり、人望であったり、形でない目に見えないものなので、見ようとしなければ、決して見えないものであります。

そういう私も失ったものはたくさんあります。

「風向きは変わる。人は逆風の中を歩いて見ぬと、本当の風の強さはわからぬ。」

立派な経営者がつくった恵めれた会社の2代目。時として逆境に弱い時があります。過保護に育った子供も同じでしょう。

風向きは暖かい南風から寒い北風に変わるときがあります。

地元のある国会議員が、某党を辞めました。

「大臣時代進めていた、改革が白紙にもどる。」そんな思いで辞められたなら、志があると思います。

人は必ず、片手志、もう片方に打算。の両方を持って生きていると思います。

商売をして、家族を養っていくためには、悪いことをしなくても、時には感情を抑えて頭をさげて、世間を渡っていかなくてはなりません。

しかし、どこかに志だけは持っていたい。

テレビのインタビューで、「政治家が国民の意見を取り入れていない。」最もよく聞かれるコメントです。

ああ〜、「○○さん、なんで離党しちゃったの。一度やめてしまうと、復帰しても幹部にはなれないよ。世渡り上手になんなさいよ」と地元で思っている人もいるかもしれません。

逆風を自らうける道を選んだのでしょう。しかし本当の風の力を理解していけば、風向きが変わることもある。

過去のことを悔やんだり、恨みがましいことを言い続けていると、風にまけたこと。

明るく、陽気にとりくむことが風に打ち勝ったことではないでしょうか。
0

鼻から  

怖いものって何でしょう?

地震、雷、火事、おやじ と昔から言われますが、

私は注射、幽霊、○○がとっても苦手。

昨日、ついに40歳以上の健康診断に行ってきました。

今は至って健康ですが、20代の頃胃を悪くしたことがあるのが唯一の懸念。

通常の定期健康診断は費用は安いのですが、流れ作業なのと、胃はバリウムなので、今回は若干割高ですが、個別の健康診断を受けてきました。

どきどきは、胃の内視鏡検査。以前やった時は喉からだったのですが、今回は鼻から。

ありがたいことに、健康な体を両親から頂いたので、手術や入院をしたことがないので、前の晩から相当びびっておりました。

当日は、慣れている病院がいいだろうと思い、大通り沿いにある宇都宮記念病院。

いや〜、この病院すごく対応が良かったです。患者さんのことを、お客様と呼んでくれて、説明や案内がホテル並みにすばらしかったです。施設も昨年の3月に新築したばかりでやはりホテル並み。気持ちよく受診できました。

とは胃っても、問題は胃カメラ。まず鼻に何度か麻酔を噴射します。どちらの鼻が通りやすいか試します。決まるとゴム棒を鼻に通して、もう一度麻酔液を鼻から飲みます。

私はほぼ大丈夫だったつもりですが、、担当の看護士さんがなぜか心配してくれて、「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と他の人より尋ねてくれたのは、よほど弱気な表情をしていたに違いありません。

さて検査。喉を通るまで少したいへんでしたが、後は大丈夫。先生が映像を見ながら説明してくれます。もちろん口で話ができるのでいろいろ質問できます。

すこし胃炎きみと言われましたが、薬を飲むほどでない。とのこと。安心しました。

終わってみればら、なんともないもの。朝食抜きだったので、さっそくいつもよりご飯を食べたのは、検査に異常がなかったからでしょうか。

胃カメラは以前やった口からの検査より、鼻からの方がやっぱり楽でした。それでもやっぱり緊張するもの。

入院されているかたは、毎日検査。健康のありがたみを実感してきました。

さあ、これからも毎朝ジョギングしてバリバリ仕事するぞ〜。
0




AutoPage最新お知らせ