12人家族  

昨晩9人兄弟12人家族という番組みましたか?

最後までまるまる見てしまいました。

我が家の三兄弟のにぎやさかも、まだまだ大人しくて平和だ。と思わず思ってしまうほどすごい迫力でした。

いろんな事情で子供ができない方たいらっしゃると思います。

また将来のことを考えると子供をたくさん養えない。そう考えるほど厳しい環境になってきたようです。

昭和の初期は、5人兄弟とか当たり前だったのは、確かに病気や戦争で亡くなってしまう可能性が高かったせいかもしれません。

日本はこのままいくと、どんなに政府がいろいろ政策を実施しても、この大きな少子化の流れはまず止まらないだろうと思います。

このお仕事をさせれていただいて、ほとんどの30代から50代の両親は、教育費をつくるため、そして家のローンを払う為、共働きで朝から晩まで走り回っておられます。ましてや女性はそれに家事があるのですから、もう子供のために奔走している訳です。

その中で子供をたくさん育てられているのですから、本当にたいへんだと思います。

9人兄弟も、兄弟喧嘩やぐれて親の言うことを聞かなくなったりと、すべてが万事上手く行っていませんが、ときおりおとずれる、親子間の無言の笑顔は、ほんの一瞬かもしれませんが、お金では決して手にいれられない人生の最も幸せを感じる時だと、確信しました。

そして独立して親元を離れた兄弟同士が、待ち合わせて食事をする時、待ち合わせ場所に現れた時の、照れ笑いと、兄弟に会えた嬉しさが混ざり合った幸せに満ちた顔は、どんなに昔喧嘩していても、結局は兄弟がいかに大切なのかを教えてくれるものでした。

我が家の三兄弟も必ず独立していくと思います。もちろん我が家もショッチュウ喧嘩していますが。なんだかんだ言いながらとっても仲の良い兄弟です。

彼らも、いつか兄弟だけで飲みに行く姿を勝手に想像すると、私も幸せな気持にさせてくれます。

「先のことを考えていたら子供なんかつくれない」12人家族のお父さんの一言は、いろんな解釈があると思いますが、私には共感を覚える言葉でした。
0




AutoPage最新お知らせ