宇宙のはて  

今朝の食卓での会話。

「新聞は約30ページあります。新聞を3回折ると、何ページになるでしょうか?」

次男「480ページ」「ブブ〜。」

三男「240ページ」正解

「3つにおると、単行本と同じ大きさになり、字の大きさを考えると情報量も同じです。しかし単行本は一冊1500円。新聞は150円です。なぜ違うのでしょう?」

長男「スポンサーがいるから」「正解です。みなさん拍手。」

次男「たくさん出ているから」「正解です。みなさん拍手。」

三男「作るのに手間がかかるから」「正解です。みなさん拍手。」

「本は最低6000部から8000部でも出版できるが、新聞は一日何百万部も出ているので、安くできます。しかも広告が紙面の半分を占めていて、一行100万円もらえるので、これも大きく貢献しています。」

「では、新聞一枚、暑さ0.0125ミリを100回折ったらその高さはどれくらいでしょう?」

「1、自分の身長くらい。2、建物の2階くらい。3、富士山の高さくらい。4、月の向う側。」

「富士山の高さ〜。」「ぶ〜、正解は4でした。実際は宇宙の果てまでです」

「本当に? お父さん計算したの?」

以上が今朝の食卓での会話でした。

でもこの話、今朝たまたま見たテレビ番組のネタを早速30分後に使ったものです。

栃木テレビのテレビ寺子屋で、杉並区の小学校の校長に民間から採用され、「よのなか科」という授業をつくり全国で話題になった藤原和博さんの話です。

特に中学校で取り組まないといけないのが、携帯電話から発生するいじめ。そして一番なるほど、と思った正解教育の弊害。

学校ではテストがあるので、どれが正解か必ずみつけないといけない。

しかし社会に出るとそれでは解決できない。

例えば就職する時、本来は自分も成長していき、会社も時代に合せて変化する。その中でベクトルを合せていく。

しかし会社を選ぶ時、AとBとCがあって、どの会社が正解かと選ぶので、入ってすぐに会社を辞めてしまう。

そうですね。小学校から高校まで12年間。そこで生活していると、いつの間にかそれが当たり前の価値観に変わってしまう。それ以上に、自分が染まっていること自体に気づかないことも恐ろしいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ