10年ぶりの彼女は  

先週の日曜日。

10年ぶりに彼女に会った。

美しいプロポーションは昔のままだった。

となりに座った男性も、彼女を美しいですね。と褒めてくれる。

久しぶりの彼女の声は、相変わらず魅力的だった。

どちらかと言うと、低く熟した声。おもわずうっとりする。

懐かしさと愛しさに我慢できなくなった私は、

思わず彼女を抱きしめ、右手を動かすと、

思わず甘い声をもらした。


なんて書くと、この日記のイメージダウン。

親愛なる家内に言い訳できないことになってしまいます。


そう実は、先週子供の発表会で、10年ぶりにチェロを演奏することになりました。

地元のオーケストラに参加していたのですが、

家族も仕事に走り回り、いつしかチェロはケースの中に10年眠っておりました。


先々週、子供のレッスン終了後、家内から突然のメール。

「先生から頼まれたけれど、大丈夫」

「うん、たぶん大丈夫だよ」と答えたのが最後、

仕事の合間をぬってリハビリ。


「お〜」「う〜」

自分では正しく押えたつもりでも、あまりにまったく違う音を出し自分に、驚きの声が自然に上がる。

家内からも音楽的指導を2回いただき、(家内は私より、違う楽器ですが、相当上手いので)やっと本番を迎えました。


さて、当日のリハーサル。

本当にダメですね。

あれほど、舞台なれしていたのに、もう練習なのに、あがりっぱなし。


譜面を見るだけで精一杯。

指揮者の先生が、子供達に指揮棒をよく見させるために、わざと演奏を停めるのですが、

私だけ、気づかず、引き続ける始末。はずかし〜。

「昔はこうじゃなかったのにな〜」と後悔しても後の始末。


これは昔からでしたが、緊張するとトイレに行きたくなる。

たった一曲の、子供の発表会にもかかわらず、

5回もトイレに行ってしまいました。


とは言うものの、なぜか本番に強い私。

終わった後一緒に来た家内に「どうだった?」と聞くと、

「うん、ちゃんと弾いてるように。」



でも、久しぶりに弾けてすごく気分転換になりました。

楽器を弾いている最中は全てのこと忘れてしまいます。

チェロの彼女も私のことを温かく迎えてくれました。
0




AutoPage最新お知らせ