見えないものを形にする  

悩んだり、スランプの時、の解決方法として

今の自分の考えをノートに書く方法は有名です。

人の心は、ポ、ポ、ポといろんなアイデアやひらめき、考えがときに瞬時に浮かびあがります。

ですから、さっき考えていたことも、次のアイデアが浮かぶと、跡形もなく消えてしまい、自分の気持が今積極的なのか、消極的なのか、訳がわからなくなります。

ある有名なアメリカ人の心理学者が、ある女性経営者の悩みの相談を受け相手の話を聞いたとき、「あなたの気持は消極的な考えで満たされています」と言っても、

「いやそんなことはありません、私は経営者なので、いつも積極的に活動し、発言も前向きです」と取り合ってくれませんでした。

「では、とにかく、今貴方の考えていることを、紙に書き出してください」とお願いしると、

やってみて、はじめて自分の気持が実は後ろ向きになっていたと、気づいたそうです。

京セラの創業者の稲盛さんは、成功の方程式を 考え方×熱意×努力だと話されていることは有名です。

熱意と努力は0点から100点まであり、足し算ではなく、掛け算なので、相乗効果でかなり大きな効果が上げられます。

しかし考え方だけはマイナス100点からプラス100点なので、どんなに努力家や熱意があても逆にマイナスになってしまうと話されています。

最近私が気づいたのは、どうしても熱意と考え方がごっちゃになってしまうこと。

どんなに溢れるような、情熱があり、この事業を成功したい、こんなことをして社会の役にたちたい、こんな志があると、熱く熱く訴えても、

その言葉や言葉に悲壮感があったり、涙を流しながら語っても、それは熱意で100点でも、考え方としてはマイナスなので、よりこらえられない負の結果が出てしまい、心が耐えられない状況に追い込まれてしまうこと。

前述した、女性経営者も、もしかしたら、お客様のため、社員のため、家族のため、必死に会社を経営しているあまり、ストイックになりすぎ、

ものごとを悲観するくせが過度のついていたのかもしれません。

忙しい時こそ、しばらく立ち止まり、自分の考え方がプラスなのか、マイナスなのでッ見直すこで、掛け算の結果が大きく変わる。

アハハハハハと大きな声を出し、そして笑い、テキバキと行動している時の方がたしかに仕事も家庭も充実していると思い出します。

時には人に悩みを相談することが大切です。
0

兄弟  

先日あるお客様のお宅にお邪魔したら、

打ち合わせの隣で、高校生のお兄ちゃんが中学生の妹に勉強を教えている姿がありました。

うらやましい程仲がいいのです。

我が家の三兄弟は、遊びに関しては、どうしても相手が必要なので、なんだかんだ仲良く遊んでいます。

しかし、勉強や部活に関しては、同性なのと、年がそれぞれ近いせいか、ライバル意識が強く、(成績に関係なく)一緒に勉強すること自体ないようです。

さっきまで喧嘩していた二人が、しばらくすると仲良くゲームをして、終わった後どっちが片付けるかまた喧嘩の繰り返しですが、

9つ違いの姉で、父の仕事の都合であまり一緒に暮らした期間も少ないので、ほのぼのと一緒にいる兄弟、姉妹をみると、羨ましい以上に、心が癒される瞬間でした。
0




AutoPage最新お知らせ