日本一のチラシ  

やっと今月のチラシを作り終わりました。

ラフ原稿を作成するのに、まる二日。

印刷会社との細かい打合せを含めるとまるまる一週間かけて出来上がるチラシには精一杯思いを込めて作らせて頂いております。

このチラシをチラシDMでは日本一のコンサルタント会社の船井総研の冊子で、作成するたびに必ず取り上げて頂いています。

クリックすると元のサイズで表示します

「ただこのチラシ、単にこのまま真似をしても99%失敗します。なぜならば、本質を理解せず、表面的に真似するだけでは絶対当たらないのです。・・・・・・大事なことは当たるチラシの根本原理を知り、かつ自社の対象となるお客さまの心を分析し、B4の用紙にズバリ伝えていくことなのです。それを実践しているのが数少ない、木りん倶楽部さんのチラシです。」

とたいへん高い評価を頂きました。

この手描きチラシを作り出して、もう10年になります。事実今までスタッフとして仕事をしてくれた社員も、別の会社に移り、真似をして作っているようですが、ほとんど当たりません。

はい。事実根本原理があるからです。

この原理を、いつか経営に苦しんでいる私のような中小零細企業の起死回生の方法としていつか、できる限り費用をかけずにお伝えできないか。と考えています。

カラー印刷にして大量にまいて失敗する例がたくさんあります。いかに費用がかからず、自社の社員が手作りで、そしてズバリお客さまに伝わり、掛かった費用をはるかに上回る集客ができれば、資金繰りに悩む経営者にどんなに役立つでしょうか。

チラシを作り出してほとんどが手描きチラシでした。

ある方から「もう時代遅れだ」とか別の方から「みっともない」とか言われたこともあります。

でも先日宮崎駿さんがインタビューで、なぜCG全盛時代に手描きのアニメーションにこだわるのですか?と質問に対し、

「町の下駄屋さんと同じで、少なくなればなるほど貴重になる。」と答えていました。

他のところで手描きチラシが外れるなら、もっと工夫して当たるチラシをつくればいい。そう考えています。

今の目標は、日本一の手描きチラシを作ることです。
0




AutoPage最新お知らせ