反対語  

先日友人から頂き、とっても感動したDVDの冒頭、講師がこんな質問を客席の人にしていました。

「ありがとう」の反対って何?

マザーテレサは、愛の反対は無関心と言われた話は有名ですが、さてなんでしょう?

早速我が家では今朝の朝食で子供たちに質問。

う〜ん。三男の答えは「迷惑」

なるほどありがた迷惑という言葉から思いついたのでしょうか、

次男の答えは「無言」

最近遅くまで起きている子供たちは朝がちょっと苦手。

いつもの様に、まだ目が覚めず「ぼ〜と」しているのかと思うと、

いきなり、「嫌い」と答え出すのは、実は答えを一生懸命自分なりに探しているようです。

答えが出ないので、「ありがとうの反対は当たり前」と答えを教えると、

再度沈黙。

小学生や中学生にはちょと難しかったかも知れません。

納得いくには、たくさんの試練や挫折を経験してやっとわかってくるのかもしれません。

例えば、資産家の家に生まれずっと恵まれて育った人は、勿論生活するためにはお金が必要であり、資産を失えば困ることは知識ではわかっていても、現時点では、

生活費で精一杯で学校へ行きたくても行けない人に比べると、当たり前の度合いは強いのかもしれません。

資産をすべて失って初めて、本当に当たり前のことが、実はありがたいことだ。と心から気づける。

そして、毎日毎日、ありがたい。と思う回数が多い人の方が、幸せだとすると、

実は当たり前だと思っていたことを、本当にありがたいことなんだ。と素直に考えられる人の方が、生活面では苦しくても、幸せであり、人にもその幸せを配ることもでいるようになり、身の回りに良いことが起こりだすかもしれません。

最近朝家を出るのが遅く、友達に迎えに来てもらうことが多い、3兄弟。

「友達の迎えに来てもらうのが当たり前だと思っているだろう」

「今日は絶対に早く行って、友達を待っていなさい。そうすれば、待つのがどんなにたいへんかわかり、ありがたいことが分る」

「だからありがたい。の反対は当たり前なんだ」と

自分のことはさて置き、朝から説教をしる私でした。

NさんDVDありがとうね。
0

チラシ9月号  

今週末に入る予定の、チラシ完成しました。

お問い合わせお待ちしています。

クリックすると元のサイズで表示します
0

トリック  

今日は三男が子供会の遠足でDランドへ行きました。

いつもは起こしてもなかな起きないのに、5時半に集合でもなんのその。

楽しく出かけて行きました。

どのアトラクションも混んでいますが、海賊のアトラクションと洋風お化け屋敷は割りとすぐに乗れますよね。

そのお化け屋敷はいろんなトリックがあって、いろいろ楽しませてくれます。


今回は収納のリフォームをご紹介させて頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します
全面開放できる納戸に棚を付けるお仕事を頂きました。

以前からなんとかしたい。と思っていらしゃったそうで、木りん倶楽部にご相談頂きました。

奥行きがあると、奥のほうが使いつらかったり、タンスを置くと、上の方の空間が空いてしまったり。

ご希望をお聞きし、一度図面を作成させて頂いてから、ご発注頂いたので、ご満足頂きました。

右側はお布団収納スペース。


むかって左側は奥に棚を作って、バックや小物をしまえます。

手前は洋服かけを2列に作ったので、2倍の料の洋服を掛けられ、夏冬交換できます。


中央に作った6段の引き出し。そうです。ここにトリックがあって、奥と手前に引き出しが各列2個入っているので、合計12個の引き出しを使うことができるのです。

夏物と冬物を入れ替えることができる優れものです。

クリックすると元のサイズで表示します


引き出しは普通取っ手が表だけについていますが、もしまるごと入れ替えるとしたら、相当重たいですよね。

今回のポイントはここです。

クリックすると元のサイズで表示します

両手で抱えられるように、反対側にも取っ手を一個だけつけました。

ほんの少しの費用のかからない工夫でしたが、お客様には本当に喜んで頂けました。

冒頭に登場の三男。一月もすれば修学旅行に行きます。

目的地はDランドと鎌倉だそうです。

いいね〜。何度も行けて。


0

つわものども  

今設計の勉強会に2月に一度。チラシの勉強会は3ヶ月に一度東京に通っています。

昨日は、チラシの勉強会に参加してきました。

以前にも書かせて頂いた、チラシの指導では日本一のコンサルタント会社の主催する勉強会ですが、通常の会と違い、今回は全国800社の中から、特に選ばれた20社のみ参加できるトップマーケッターの会でした。

実際にメンバーに会うと、本やセミナーで必ず取り上げられる会社ばかりでした。

それぞれ自己紹介し、自分のチラシを解説していくのですが、

講師の一方通行でなく、みんなでいろいろ意見を出し合うので、たくさんの収穫があります。

やっぱり、すごいチラシを実際につくる本人に会って、話を聞くとより一層理解できます。

つわものどもは、都内の人は少なく、ほとんどが地方からお金と時間をかけて出てくるので、みんな前向きな人ばかり。

東京にでる必要はないかもしれませんが、

全国でトップレベルのチラシや設計を普段から体感しているのとしていないのでは、やっぱり仕事の内容が変わってくると最近は思っています。

そして、そういう会に参加していると、毎回好む好まざる関係なく、前向きで勉強すきで、目からウロコが落ちるような発想をする人との新しい出会いがあります。

栃木は東京から急行で一時間半。更にそれぞれの会の費用は実は結構安いので、知人に話すとびっくりされます。

井の中の蛙王になりたくない。そう思うこの頃です。
0

ツキ  

嫌なことがあると、人は「どうしてこんなにツキがないだろう」と思う。

でもツキは人によって見方が全然違う。

一夜漬けで勉強して、ヤマがあたり良かった。これをツイテいると思うのは思い違いだ。それはその場をやり過ごしただけで、力が全然ついていない。不幸なこと。

本当の底力を問われることが出来た時、身動きがとれなくなる。

本当にツイテいる人は、必死こいて勉強しているヤツ。

要領よくモノをこなしていくことがツキだと思わない方がいい。

ツイていないと嘆きたい時は自分の今を見直した方がいい。

自分の小説で書いたが、ツキがないと嘆く主人公がふと思い出して気づく。

自分を大事にしてくれる嫁さんがいて、子供がいて、周りの人に恵まれて、しかも自分はやりたいことをやっている。そんな俺のどこにツキがねえんだ、って。

足元を見てりゃいいんだ。今生きていることだって、ツイていることだって、本気で思った方がいい。と思う。


私の好きな作家、山本一力さんコメントです。

本当にその通りです。

私にも支えてくれ家族がいる、職人さんがいる。私を前から呼んで、後ろから押してくれるお客様もたくさんいる。

暗い世の中に気持まで流されて、ツイテない。と足元を見ない人はそう思い込んでしまう。

これから本当にツイテいる人は、そこから這い上がった人こそ、その資格があるのだ。

一力さんの小説は、いつもそう語りかけてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します
リコー カプリオR5
0




AutoPage最新お知らせ