(無題)  

クリックすると元のサイズで表示します
イルカみたいな雲だったので、写真を撮りました。

この写真を撮った愛器はリコーのR5。

先日動かなくなり、1ヶ月かかって戻ってきました。

保険に入っていたのですが、7000円の費用がかかるとのこと。

新しいのに代え様かと思ったのですが、よくよく調べるとこのカメラの性能が良いことを再認識。

光学ズームで28ミリから200ミリまで広範囲で取れるのは、このリコーのRシリーズだけだそうです。

お風呂やトイレなどの狭い部屋で、現場調査で使うには28ミリは必需品。

更に大好きな花の撮影に使うマクロ機能も、一番使いやすいと、壊れてみて改めて知りました。

色の出方がもう少しビビットだといいのですが、コンパクトカメラでそこまで求めては気の毒。

携帯性を考えて、修理代を払っても、愛用しています。

壊れて初めて物の大切さが分るもの。

7月末に、現場で携帯電話を落としたら、電源がつかなくなりました。

戻ってきたら、今までのデータがすべて、無くなっていました。

修理期間中から、最近までいろいろ関係先の電話番号をしらべるのに相当時間がかかり

たいへんな思いをしました。

「今まで築き上げてきた情報なのに、気の毒ですね?」と言っていただきましたが、最近は、過去より前を向いて仕事をしよう、と考えているので、

いい機会だから、過去も一度整理して、新しい関係を築いていこうと、前向きに受け取っています。

失ってその大切さ初めて気づきましたが、


尊敬する石川洋先生の本にこんな話がありました。

「与えることだけが、愛ではない。

失って初めて相手のことを理解できる。

愛する人を失うことで、はじめて身内を失った人の気持を本当に理解できるようになる。」

豊かなさが続くだけでは、人は成長しないのかもしれません。

0

あゆ  

友遠方より来る、また楽しからずや

今回の北京オリンピックの開会式では、この孔子の言葉をテーマに踊りや歌が演奏されていました。

賛否両論ありましょうが、私は今回のプロデューサーのデザインや発想は好きで楽しく見ていました。

さて私の方にも友が遠方から来てくれました。

平塚から来てくれた友人は、私が初めて勤めた会社で同期入社で同じ勤務地。

かれこれ、20年来の付き合いになりますが、お互いその会社をやめ、神奈川・栃木と離れた場所にいながら、付き合いが続いているのは、本当にに有難いことだと感謝しています。

日帰りなので、何とか午前中に仕事を片付け、一緒に烏山まで鮎を食べに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく前から無性に鮎が食べたく、別の友人と行く予定をしていたのですが、そちらの方はどうしても仕事で間に合わずごめんなさい。

土曜の午後でしたが、500坪もあるような、川沿いの立てられた食堂はお客さんでいっぱいでした。

半分は県外の車でしたが、海なし県だと、魚と言えば海の幸の刺身でなく、鮎みたいな川魚だけになってしまうのでしょうね。

お酒が飲めない友人に帰りは運転を代わってもらい、宇都宮までもどり、

やっぱり、これを食べないと来た意味のない、餃子を正嗣で食べ、

最後にちょっとお酒を飲んで終わりました。

人は、人生のうち、たくさんの縁ができますが、最終的にどの縁が続くかわかりません。

転勤で分かれることもあり、けんかして分かれることもあり、病で別れることあり、それは自分の意思だけで決めることができないだけに、不思議な関係です。

年を重ねると、家族が増え、より会う機会が減ってくると、その関係が続く不思議さ以上に、気兼ねなく話せる、そして、あった瞬間から当時に関係が戻れる安心感が、相手の健康を喜び、また会いたいと思わせれてくれます。

中年男ふたりのヤジキタ道中。

独身の彼の一言は、「こんな景色がいい場所、なんで男同士なんだ、お前が女だったらな〜」

お互い様。
0




AutoPage最新お知らせ