ハムちゃんもグロッキー  

○ハムちゃん

いや〜本当にあったかい毎日が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家のハムちゃんもグロッキー状態。

そりゃそうですよね。毛皮着ているのですから。

昨年の秋に買って初めての夏。

今回のハムちゃんは当たり。すごく性格が良く、手に乗せてもかみません。

玄関にいるので、家族が帰ってくると、ちゃんと出迎えてくれます。

最近は、仰向いて体を投げ出し、水を飲んだり、口袋にためておいたナッツを戻しておいしそうに食べています。

家族の癒しになくてはならない存在になりました。



○赤くなる


人はそれぞれ自分なりにがんばっている。

だから、相手のことを良く理解せず、批判はできない。

「いや〜昨日はよる10時まで仕事をして疲れた〜。」とちょっと愚痴をこぼすと

「実は俺は11時まで仕事した」と答えられたことが昔ありました。

週休2日の人に週休1日の人が「もっとがんばれよ。」と言われる。

週休1日の人に月休み1日の人が「もっとがんばれよ。」と言われる。

でもみんな一生懸命がんばっている。

幸之助さんが「小便が赤くなるほどの努力をしたか。それほどの努力をせずして成功を望むことは傲慢というものだ」と話したのはとても有名な話ですが、

これは、血の小便を出すほど努力しろ。という意味もあるでしょうが、

自分ではがんばっているつもりでも、まだまだ真剣みがたりない。
もっともっとあなたより、努力している人はいる。
それも見えないところで、回りに努力している様子を気づかせず、努力している人が相当いる。人は自分に本当に甘い。

と教えてくれる。

朝4時前にくる新聞配達の人、事務所の裏でこの炎天下、畑で茄子を間引いている人。
今気づくだけで身の回りにいる。

まだまだ本気さがたりない。言葉だけで実践していない。



○人の魅力とは?

人間関係で、もし自分が知っていることでも、知らないふりをして、聞くことも必要な場合があります。

「今回こんなイベントをしたら、こんな風によかったよ」と話すと、「いや〜おれも、それは知っていて、いろいろ考えたけれど、まだやっていないだけだ」と答えてしまう私。

「やっと俺は○○を手に入れたんだ。」とうれしさを表現したとたん。
「あ〜、あれね。おれは前から○○は持っていて、それ以外に△△と××も持っているんだ。」とつい自分も自慢してしまう私。

答える本人は100%悪気がなく、逆に正直に答えているのでしょうが、次回からいろんな情報があっても、逆に自慢されてしまうから、話すのやめよう。そう思われているかもしれません。

でも、お客さまとの会話では、これを余程気をつけないといけないと自戒しています。

お客さまの前で、一生懸命商品のことを説明しても、実はお客さまはインターネットでもっと調べていたり、他のライバル会社から既に情報も持っている場合は今相当あります。「この人、当たり前のことを、さも得意そうに話している、実はたいしたことはない」と思われているかもしれません。

話して自分はすっきりして、いい気持になることは間違いなくても、聞いている相手がいてくれるからこそなれるわけです。

その代わり相手は、その分気持が↓しているのを、気づかず平気でしゃべり続けることって今考えると、ぞ〜とします。魅力もぐ〜んと減っているはずです。

人の魅力とは、美人だとか、かっこいい。もありますが、人の話を相槌をうって肯定して一生懸命聞いてあげることも、大切な魅力だと思うし、子供の話もそうやって聞いてあげることが本当に大切だと思うのです。

クラブのホステルのナンバーワンは、いつも我を通して好きなことを言えてきた美人ではなく、普通の聞き上手な女性だというのも納得できます。
0




AutoPage最新お知らせ