半農半芸  

続ける大切さを近頃しみじみ感じています。

前畑選手がお母さんに言われた言葉「やりかけたら、苦しいのはわかるが、最後までやりとげなさい」は心に響きます。

成功する人としない人の差は本当にわずか。最後の1%を最後まで諦めずやり遂げたかの違いの違いだ。と松下幸之助さんが言われたそうです。

時には嫌々、しぶしぶせねばならないことも、いかに気持を切り替え、最後までやるぬけるか。

仕事は、想像しなかった方向に向かったり、ハプニングはつき物です。かといってやる前から心配して手をつけられなかったり、失敗をおそれて内側に閉じこもっては何の成果もあげられません。

今ブレーク中のおばかさんユニットのアラジン。

女性三人の内の一人はアイドルを目指して、モーニング娘ならぬカントリー娘になったものの、他のメンバーは辞めてついに一人。

普段は農業をして、時々営業。仕事が入ると、近くのヨーカ堂にスカートを買いに行って間に合わせたそうです。

そしてついにゴールデンに登場するようになりました。人はどういうルートで願いが叶うかわかりません。

最近の若い人は納得いく苦労ならしますが、いかない苦労はしたくありません。と言う。

納得のいく苦労とは、しょせん、未熟な判断力で小さな自我の欲求を満たす程度のものでしょう。

より高度な自己実現を望むなら、たとえその時納得行かなくても、その苦労に立ち向かう勇気が欲しいものです。

今は納得がいかなくても、きっと納得のいくときがくる。

元ダスキン会長駒井茂春さんの言葉です。

前向きに日々改善しながら続けていると、必ず夢は叶う。

続けてこなかった技術では、いざ成功しても長くは決して続かない。
0




AutoPage最新お知らせ