あと何年  

○我が家の三兄弟

うちの兄弟は仲が良い。

毎朝喧嘩じゃれあっている。

「パパ〜お兄ちゃんがね〜。こんなこと言った〜。」

 時々び〜び〜本当に泣いているときもある。

「こ〜ら〜」次男を叱ると、気が済んだのか、「ひひひ」と脇で笑っている。

そう、本当は仲がいいのだ。

毎晩、二階のこども部屋で「ドッタンバッタン」毎日が修学旅行だ。

3兄弟は七五三で、これから毎年卒業、受験がはじまる。

3人大学に進ませようと思うと、もう死に物狂いで働くしかない。と思う。

でも、マンネリしている暇はない。常にブラッシュアップしたいと思う。

それに、今年高校1年の長男は3年後には、家を出ていく。

賑やかだが、5人で暮らせるのもあと3年と思うと、逆に自分が本当に幸せなんだと気づく。

おかげ様で、天から3人の子供を幸運にも授かることができた。

人はなぜ生まれてきたのか。

それは、自然の摂理である、生成発展のため。と古人は言う。

夫婦二人で三人の子供を育て上げれば、例え自らが社会に貢献するだけの大きな仕事ができなくても、摂理をまっとうできるではないか。


○長男

長男は、本当に素直な子供。

欲しがらない。贅沢を言わない。

中学時代吹奏楽部で、トランペットを吹いていた。

友達が30万近くする楽器を買ってもらっているのに、

学校の30年前の楽器を借りていた。

「欲しい」とは一言も言わなかった。

高校に入ってもやはりトランペットを続けた。

私の大学時代の友人から借りた、楽器を大喜びで吹いている。

銘器だが、それも20年前の楽器だ。

彼と高校の合格発表を一緒に見に行った。私の母校でもある。

掲示板に番号があった時、涙が止まらなかった。

入学祝いは、やはり「欲しい」とは言わなかった携帯電話だった。

○次男

次男は、真ん中なので、いつも目立ちたがり屋。

それが、勉強にも繋がった。

他の二人と違い、自分の課題が終わるまで、絶対に寝ない。

そんな彼も、今年三兄弟で初めて学級委員になった。

家では、弟と大騒ぎして、私から叱られているが、学校では真面目なようだ。

その次男は海が苦手だ。

一昨年の夏。家族で海に出かけた。

私と家内と長男は、砂浜で寝ていた。

ふと、海を見ると、二人が見当たらない。

何か、こども達が騒いでいる。

走った。

その時期お盆を過ぎていて、監視員がもういない時期だった。

沖の方で、二人だけ取り残されている。

一人は家の次男だった。背中に他所の小さい子をおんぶしている。

助けてあげるから、そんなに首絞めないで..次男の声..

なんとか、二人を捕まえることができた。

次男に聞くと、小さい子が流されていくのがわかったそうだ。

自分は帰る自信はあったが、助けに行った。と言う。

助けて戻ってくると、砂浜でその子の父親は立ってこちらを眺めているだけだった。

後で奥さんがおそるおそるお礼に来た。

それ以来彼は海には二度と入らない。

次男はそんな子だ。

○三男

三男はとっても優しく、気の利く子だ。

お父さん疲れたでしょ。と肩をもんでくれる。

グラスを冷凍庫に入れておき、お風呂から出ると、

お疲れ様でした。とビールをついてくれる。

また家に帰り、家内がいないと、代わりにご飯と味噌汁をよそってくれる。

しょうしょう甘えたがりだが、いい子だ。

「三人ともいなくなったらさびしいから、おまえだけ宇都宮にいてくれる?」

と聞くと。

「いいよ。僕残る」と「僕一人暮らししたい」といつも言う次男とは対称的だ。


子供自慢になってしまい、たいへん申し訳ありません。

でも、天は私に大きな試練を与えたが、それに勝る大きな恵みを与えてくれたのだ。と最近つくづく思う。
0




AutoPage最新お知らせ