PTA  



昨日は私のPTAデビュー。

2時からの予定が、打合せ等でついたのが、3時半頃でした。

やはり父親は1割位と目立つ中、更に目だっちゃいました。

役職は根回しで決まっていて説明を聞きいて終わりと思ったより楽な仕事です。

最後に全員が自己紹介しました。

皆さんとても、前向きですばらしい学年だと感じています。

中には、「双子で入学された方の自己紹介では、クラスが違うので、母は2組の委員。父は4組の委員で、夫婦でPTAを楽しみにしています。」と発表された方がいて、会場がどよめきました。

もう、走り回っている毎日ですが、高校の場合年に4回位の参加で済むようなので、自分の母校でもあるので、がんばってみようと思います。

○ある経営者のコメント

この25年。二つのことを心情とした。

仕事は自分がしているのではない。いろんな縁の中でたまたま仕事をさせて頂いている。

自分ではなく、他の人でも良かった仕事をめぐり合わせで自分がさせてもらっている。

感謝して、もっと自分を磨き高める努力を惜しんではならない。


自分は能力に乏しいだけに、させてもらう仕事に一生懸命、一心不乱に打ち込まなければならない。それによって天地から多くの褒美をもらった。

中途半端な姿勢でやっていたら、何十年やろうと、人はその仕事から何も得ることができない。


そのことを実感している毎日です。







0

奇遇  

今日は予想外の出会いがたくさんあった一日でした。

現場の材料が足りなくて、鹿沼市のメーカーまで直接取り行ったのですが、

今はお付き合いがないのですが、とっても仲が良かった板金屋のおやじさんと4年ぶり位に出会いました。

お互いにびっくり。冗談で盛り上がり別れました。

その後、別のホームセンターで、車を降りようとしたら、隣にある工務店さんのトラックが止まりました。

「よお」にこにこしながら、手招き。

この親方も、10年来のお付き合い。息子さんの結婚式にも招かれた位親しくしてもらったのですが、最近は縁がなく、これまたびっくり。

そして、材料を降ろし、事務所で仕事をしていると、

美大の先生からお電話を頂きました。

デザイナーをいつも紹介してもらっていて、今日電話をしよと思っていたら、やはり突然お電話を頂き、これまたびっくり。

いや〜、これが最後だろうと思っていると、また携帯にある方から電話。

船井総研の唐土先生。中小企業のコンサルタントでは日本一の会社。

更にその会社で、最年少で役員になったとってもすごい人物。

実は、その先生の講演テープを昨日、一昨日と二日続けて聞いていたのですが、

その講演の中で取り上げられていた、会社をホームページで調べていたところでした。

(その会社のHPはこちら、http://www.lcb.co.jp/brand/index.html

いや〜。とっても楽しい一日でした。





















0

桃の花  

クリックすると元のサイズで表示します
この花何か分りますか?

そう、桃の花です。お客さまのお庭にあった桃の花があまりにも、美しかったので、皆様にも見て欲しくて写真をとってきました。

一つの出会いが大きく運命を変えることがあります。

この桃に出会うまでは、梅と桜しか興味がなかったのですが、

最近は、すごく桃が目に留まるようになりました。

桜が偉大すぎて、桃や梨の花はどんなにきれいに咲いても、かすんでしまいます。

でも、植栽のデザインを依頼されるとき、時々桃の花をご希望さらえる方がいらっしゃいます。

私が気づかなかっただけで、本当は桃はとても人気のある花なんですね。

全盛期のジャイアンツでチャンスに強い長嶋に隠れた王さん?みたいですね。

お客さまのお宅の桃は昔中国の苗を手に入れて植えたそうですが、1mにも満たなかったのが、3m近くに枝をはり、今まででみた、桃の中でもっとも美しい姿でした。

人の出会いもそうですが、すばらしい花との出会いは、一生見る目を変えます。


こんな話をご存知ですか?

ある学校の先生の話です。

小学校5年生を担当した女性の教師が、どうしても身だしなみがきれいでなく好きになれない生徒がいたそうです。

通知表にも、ついつい短所を書きならべていたそうです。しかしあるとき、彼の一年生の時の通知表を見たとき、そこに、「この子は、性格が素直で、勉強も前向きで将来が楽しみ」と書かれていて、目を疑ったそうです。

そこで2年から4年までさかのぼって調べてみると、2年の時、母親が病気で倒れ看病疲れで元気がなくなり、3年で母親がなくなり、4年で妻を亡くしアル中になった父親から暴力を受けるようになったと書かれていたそうです。

ダメだと決め付けたいた突然深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れて来た。先生にとって目を開かれた瞬間だったそうです。

放課後、先生はその生徒に、「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?わからないところは教えてあげるから」と声をかけたところ、初めて笑顔を見せました。

それから毎日一緒に勉強し、授業で始めて手を挙げたとき、どれだけうれしかったでしょう。

クリスマスの時、生徒が小さな包みを先生の胸に押し付けたそうです。あけてみると母親の残した香水だったそうです。

先生はその一滴をつけ、少年の家を訪れたところ、少年は本を読んでいたそうです。「お母さんの匂い、今日はなんて素敵なクリスマスだろう」と先生の胸に顔をうずめたそうです。

本当にすばらしい先生です。

その後、6年生の時、別のクラスになったそうですが、卒業の時カードをもらったそうです。

「先生はボクのお母さんのようです。そして今まであった中で一番すばらしい先生でした」

それから6年後またカードが届いたそうです。

「明日は高校の卒業式です。ボクは5年の時先生に担当してももらって幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます。」

10年後、まだカードがきたそうです。先生に出会えたことの感謝と父親に叩かれたので患者の痛みが分る医者になれる。と書かれていて、最後に

「僕は5年生の時の先生を思い出します。あのままダメになるところを救ってもらった先生を神様のように思います。」

そして一年後届いたのは結婚式の招待状でした。
「母の席に座ってください」と一行、書き添えられていました。

たった1年の担任が、これほど大きな影響を人に与える。

その子の悲しみに気づき、そして応えた先生のすばらしさ。


自分は日常の一つの縁に本当に応えているだろうか。


そして、相手の目の奥の深い悲しみに気づき、それにふさわしい言葉を投げかけているだうか。

10年ぶりに高校の部活の先輩や同級生と食事をした。

根掘り葉掘り、問いかけてくる人がひとりいた。

すべての人が順調とは限らない。

言いたくない人もいるだろう。

本当に相手の気持が分るのは、同じように苦しんだ経験があるからだ。

まわりには、精一杯生きようとしている人が大勢いる。


一つの花に出会い、一生その花を愛するようになる。

一つの出会いがあり、その一生を変える出会いがある。


中学校時代の担任の先生のご自宅を訪問した時、

奥様がこう話されていた、

「自分の娘の受験の時、まったく相談にのってくれなかった。」

先生はこう答えたそうだ。

「自分のクラスの40人の子供達の方が大切だ。」


感謝。
0

日焼け  

○鏡

晴れ・雨・晴れ・雨の繰り返しで、現場が少しも進まない、4月です。

秋雨といいますが、春雨もあるのでしょうか

う〜ん、春雨はうまい。????

最近、鏡を見て、ふふ。と笑ってしまうのが、日焼けした顔。

最近外の現場が多いので、とっても真っ黒。

4月でも日焼けするんですね。

でも、この不景気の中、仕事が間に合わないのだから、幸せです。

その忙しいスケジュールの合間をぬって、今月のチラシの原稿も出来上がりました。

ご近所の皆様、今回は江戸ハルミさんならぬ、キリンハルミが登場します。お楽しみに。

○できるよろこび。

昨日の情熱大陸は、サッカーの監督さんでした。

高校サッカーでは、飛びぬけた才能で注目を浴びた選手でした。

昨年、S級ライセンスをとり、Jリーグの監督になる資格をとり、JFLの下の地方リーグの監督に抜擢されました。

でも普通の才能では、情熱大陸には出られませんよね。

彼の何がずば抜けた長所だったのでしょう?


いや、彼には、長所どころか、その全く逆でした。

サッカーの監督のなのに、19歳の時バイク事故で、下半身不随で車椅子の人なのです。

足を使うスポーツで、足が不自由なのに、諦めず、夢を追いかけ続ける。

そんなハンディキャップがあるにも関わらずがんばっている人をみると、とっても大きな勇気をもらえます。

年は私よりひとつ上。

弱音や自信の無さに愚痴をこぼしている暇があったら、少なくてもハンディはない、恵まれている自分をもう一度見直せ。

そんなことを、考える番組でした。

人生まだまだこれから。
0

こんな偶然あるの!  

○奇跡

次男は中学2年生。

一昨日のクラス変えでは、家族全員がびっくりする出来事がありました。

昨年引っ越した我が家のならびに5軒家がならんでいます。

引っ越してみると、次男と同じ学年の子が二人いて、まず!。

図で表すと、●○●○●と3人同級生が住んでいることになります。

昨年まで、三人とも全く別のクラスだったのが、

今回のクラスがえで、5クラスあるのに、3人とも同じクラス。

ここまではよくあることですが、

なんとアイウエオ順の出席番号の順番がT屋、橋本、H本と連続して並んでいるそうです。

更に翌日次男の報告によると、今日体育の授業で並んだら、身長順でも、ほとんど3人同じ高さで並んで整列していると、笑いながら話していました。

こんなことあるのでしょうか。先生の家庭訪問すごく楽だね。家族全員の意見でした。


○ 桜

昨年秋から続けている早朝ジョギング。

毎朝行く、近くの公園は、先月まで冬枯れの景色だったのが、桜で満開で目を楽しませてくれます。

全く同じことを続けていると、回りは変わっていく。

継続することの大切さを自然が教えてくれているかのようです。

自分は変わっていなくても、取り巻く環境は変わるし、自分の体調や体力は確実についている。

継続をしないことは、いつも行き当たりばったり、毎日変わったことをしてることになります。

変わったことをし続けていると、変わった結果になるかと思いきや。

実は何も変わっていない。

「同じことを続けていると結果は変わる。変わってばかりいると、結果はいつも同じ。」

もちろん、前向きな種であることを、継続しなくてはいけません。

タバコを吸い続けたり、漫画やゲームを続けていても、いい方には進まないでしょう。

(禁煙愛好家の方ごめんなさい。)

変わり続けても、一歩一歩積み重ねていけるものは結果はでますが、昨日は南、今日は北、明日は東では、いつも同じ場所にい続けることになります。

素直、勉強好き、プラス思考が成功の条件といいますが、

この3つを続けていれば、間違いがないかもしれません。































0




AutoPage最新お知らせ