百害あって一利あり  

●青年塾

クリックすると元のサイズで表示します
昨日はひさしぶりに、青年塾12期生の出発式に参加してきました。

青年塾は、松下政経塾の塾頭をされた上甲晃先生が個人的に20代から30代の人たちに、志について学ぶ私塾です。毎年70人近い人たちが北海道から九州から集まり一年間研修します。

私は4期生でもう8年前に参加したのですが、一年に一度は参加して、日頃の怠けた心を入れ替えに参加させて頂いています。

場所は、箱根の芦ノ湖畔。日帰りで行ってきたので、半日しか滞在できませんでしたが、時間の長さに関係なく、参加者のすばらしい空気に触れ気持がすっきりしました。

この塾に入って変わったことといえば、


継続しようと思う心が強くなったこと。

生涯付き合える本当の友人ができたこと。

生きかたを教えてくれる師を見つけたこと。

三浦綾子を読むようになったこと。

手間をかける大切さをまなんだこと。

です。


たった一つ、本物に出会うと、人生が全く変わります。

本物は、原理原則を教えてくれる。継続できる。厳しそうだた本当は優しい。のではないでしょうか。

今回も、忘れていて大切なことを思い出すことがでました。そして友人と再会できました。



●実はありがたい。

たった半日の参加でしたが、恒例のディベート大会が行われていました。

今回はバイオエネルギーは是か非かという話題を、北海道・東・東海・関西・西の4つのクラスで勝ち抜いたチームがOB選抜と戦う決勝戦でした。

もう、ほとんどの人たちは、本を何冊も読み、掲示ボードをつくり、セリフまで暗記しています。前日は準備のためにほとんど寝ていないとのこと。

「ディベートの準備で一番苦労したあなた達だが、損をしたのでなく、貴方達が一番得たものが大きかった筈だ。」塾長が試合後、そう締めくくると、やりきった人たちは心からうなずいている様子でした。

たいへんなものほど、確かに終わった後、乗り切った自信がつくし、充実感もある、当然知識もつく。



ダスキンの創業者もこんな話をされています。

若い人の勉強会などで、よくこんな意見を聞く。

「私は、納得のいく苦労ならしますが、納得のいかない苦労はしたくありません」

しかし、納得のいく苦労とは、しょせん、未熟な判断力で小さな我欲を満たす程度のものでしょう。人間として、より高度な自己実現を望むなら、たとえその時納得がいかなくても、その苦労に完全と立ち向かう勇気が欲しいものです。

青年塾も企業派遣の人も多く、始まりの頃は、いやいや、しぶしぶ参加している人が一年後変わる人がちがほとんどです。

「百害あって一利なし」ということわざがありますが、実はそうではないかもしれません。






0

卒業  

○思い出のメロディー

「お父さんもこの曲歌った?」 

「覚えてないな〜」

今日は、長男の中学校の卒業式。私も彼と同じ中学校を○●年前に卒業した。

今では蛍の光を歌う学校は少ないそうだが、うち中学校は昔から、この学校オリジナルの「愛惜の歌」を歌う。作曲と作詞は昭和33年在籍した先生が行ったそうだ。

長男に、聞かれても、まったく歌った記憶がなかった。

しかし、今日卒業式で、聞いたとたん。思い出した。そうこのメロディーだ。時々頭の中でふと浮かぶメロディーは、この曲だったんだ。

そう歌った歌った。卒業生が歌う部分、在校生が歌う部分、全員が歌う部分。

子供達は相当練習したらしい。ハーモニーもすばらしい、男性の声がすごく大きいのは、合唱では珍しい。

気持が伝わって恩師や両親に対して歌う部分では、すすりなく声がPTAの席から聞こえた。子供達も泣いている。

親が泣くのは、子供が立派になってうれしいからだけで泣くのではない。この3年間、親もいろんな人生があった。それを子供と一緒に乗り越えてきた。中学校は心は子供、体は大人、小中高で一番アンバランスな時期な時期であり、家族内でもお互い感情的になるから尚更だと思う。

スポーツもいいが、真剣に取り組む歌も、そんな経験をしてきた人たちを感動させてくれる。


30代の頃、熱血仕事人間だった。学校関係は家内にすべて任せていた。

それが、3年前大きな人生の転機があってから、じっくり家族と話をするようになりました。

どんなに忙しくても、一年に一日くらい、子供のために時間は本当はとれるはずなのに、そうしなかった。

仕事が優先だ。あまり父親が参加していないから行きずらい。「自営業だから参加できるのよ」どこかでそんな声が聞こえる。

自分が思った以上に子供とは話をじっくりしていないのではないだろうか。そう、おかげさまで気づいた。

ダスキンの創業者の一人がこんな話をされている。

ある方が入院したので、「神様が与えてくださったかけがえのない特別休暇です。感謝してゆっくり人生を考え直される機会とされますように」と電報を打ったら、本当に喜ばれたそうです。

人間が病気になるのは、病気によって人間を直していただくためです。人間の肉体は、神様から一生を通じて貸し与えられたものですから、それを使う人間の心のありかたの間違いを、病気を通して教えてくださるのです。病気も、不時災難も、事業のもつれも、同じ。 

この3年間子供が中学で成長したように、子供と一緒に私も人生学校の中学部を卒業したのかもしれません。

そしてこれから、人生の高校・大学・社会人を迎えます。
















0

ちょっとちゃうで〜。  

昨晩仕事帰りに本屋さんに行くと、

「店頭に汗を流さず、リーダーになる本」というタイトルが飾ってありました。

いかんせん、売れないと本は出版できない時代、いかにインパクトを与えるかにかかっているとは言え、この本・・・・・・・・。と思ってしまいました。

世界の人口分だけ皆さん意見は違うわけだし、読んでみると、「実はやっぱり汗をかかないとリーダーになれない。」という結論もあるので、なんとも言えませんが・・・。


さて、宇野千代さんがたいへん好んだという哲学者にアランというフランスの人がいます。

先日図書館で見つけたので、借りてきました。岩波文庫の新書というと、とてもお堅いイメージ。そして字が細かい。でも最近は一回り大きいサイズのものもあり、宇野千代さんの本を読むのでピックアップ。

その中にこんな話があります。「人はみな、己が欲するものを得る」

若者はそのことを間違って考えている。マナ(奇跡の僥倖)を望んで待つことしか知らないのだ。マナはひとりでにころげこんでくることはない。望んでいるものは、何でも、人を待っている山のようなもので、取り逃がすことは無い。

しかし、よじ登らねばならない。確かな足取りで出発した野心家はだれでも、目的を達成している、それも僕の予想よりもはやく達成している。

彼ら確かに、有益なことはすぐに行動に移したり、ためになると判断した人たちとは定期的に必ず会っていた。

人に面会する苦労もせず、また何ひとつ準備をしないで、「今におれを迎えにくる」と言っている怠慢な人がいる。

また鳶の様に、一攫千金をねらって、二日間に突然10箇所も奔走する人ももいる。しかしそんなことをしても何も得られない。

われわれ社会は求めようとしないものには何ひとつ与えない。特に、辛抱強く、途中で放棄しないで求めようとしないものには。

ある年をとると、そのことを体験から実感するようになるのではないでしょうか。

本屋さんに、何もせずに成功する本があったりすると、その言葉を鵜呑みにして、若い貴重な時間を、どんな失敗をしても許される時間を無駄にしてしまうのではないでしょうか。

この本には、もうひとつたいへん有名なことわざが載っています。

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」

本当をいえば、上機嫌など存在しない。気分というのは、いつも悪いものなのだ。だから幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである。

いつも上機嫌でいるためには、努力しないと継続できないそうです。

椎名きっぺいさんの育毛のコマーシャルのように、プラス思考が大切なのは、80年前の人も言っているのです。












0

フレ〜フレ〜  

今日は、朝から下見。

明日はいよいよ、長男の高校受験日。

自分より緊張します。

私が送っていくのですが、込むといけないので、予定の時間に行っていました。

自営業は、土日の休みはありませんが、こういう場合、お客様と約束や現場がなければ融通きくのが、いいところ。

さっきも、やはり子供受験の建具屋さんと、電話で話す。

お互いなかなか電話を切れないのは、やはり同じ気持からか。

桜咲いてくれ〜。

今日はここまで。
0

本物以上  

え〜。

私がとても好きなにヘンデルの「私を泣かせてく下さい」という曲があります。

クラシックエバーボイスというヒーリングミュージックCDがあります。その中の一曲ですが、とても、美しく、やさしいおもいやり溢れた曲です。

よくいろんなCDの取り上げらいていて、別のCDで聞いて解説書を読んでみると、なんとソプラニストと書いてあるではないですか。

が〜ん。つまりもののけ姫の主題歌と同じで男性が歌っているのです。

いや〜でも、本当に上手い。びっくりします。

歌舞伎の女形や宝塚の男役もそうですが、かえって演じる方がより、それらしくなることがあります。

大正時代は、今のようにテレビがない時代。歌舞伎役者がもっとも、人気タレントだった時代の話。

屋形船相手に、流しで歌を歌いお金を稼ぐ仕事をしている人たちがいたそうです。

当時もっとも、有名な歌舞伎役者が、(今のスマップか五木ひろし・氷川きよし?のようなだ日本人のだれもが知っているような存在)が屋形船で遊んでいると、向うから歌真似の人の舟が着たので、自分がだれがばれていないので、自分の十八番をリクエストしたそうです。

それがあまりにも、うまかったそうで、ご祝儀をはずんだそうです。「なんであげたのか?」と聞くと、「いや〜、うまかった。自分でも勉強になった」と言ったそうです。

おなじ人間。生まれついた才能はあるかもしれませんが、らしく、目指して専念していれば、もしかしたら、すばらしい作品をつくれるようにならるかもしれません。

人の才能は氷山の一角といいます。

人生まだまだこれから。


ちなみに、いろいろ調べたら、私の最初に聞いたCDはやはり女性が歌っていました。

「お○ま」じゃん。と三男。「違うこれも芸術だ。」と言う私も一安心。


この人が歌っていました。(曲はちがいますが)

http://jp.youtube.com/watch?v=wFIgmft1rKU

0




AutoPage最新お知らせ