おめでとう  

涙のパット練習の上田桃子選手。

最終日にトップにいながら2週連続パットで優勝を逃した、上田選手。

昨日の日曜日、ついに優勝おめでとうございます。


今までの経験がすべて生きた。

この言葉の重みがずっしりと伝わりました。

アメリカのトーナメントと日本のトーナメントの両方を兼ねた試合。

つまり、アメリカのツアーで優勝したのと同じおまけまでついて、本当に良かったですね。


「決定層ではない、過程層に過ぎない。」という言葉があります。

今真剣勝負してなかな結果がでない。

でも、それはその時の結果に過ぎず、これからも続く、いろんな出来事の一部、つまり過程にすぎない。

ものすごく、大きな試練にあったとき、もうこれで終わりだ。

そう思ってしまいます。

でも、上田選手のように、泣いても、くじけても、次の試合にのぞむ。


練習後パット練習しても無駄。

こんな大きな試合に負けてしまった。もうゴルフをやめよう。

しばらく試合を休もう。練習を休もう。

だって結果がでたんだから。


どうしても、みとめたくない、運命に出会った時、

それでくじければ、結果になる。

でも、ふらふらになりながらも、

昨日の自分より、すこしは成長しようと思う。


自分より先に行っている人と自分を比較してはだめ。

高層ビルを一尺板の橋でわたるようなもの。


そんなすごいことをしなくても、昨日の自分より、進む。

上田選手本当におめでとう。


私もなんとか、先日受けた試験一次合格しました。

いよいよ二次試験。がんばりまっせ。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ