大器晩成  

1809年生まれる。

1816年 7歳の時、家の立ち退きを迫られ、家族を養う為働きはじめる。

1818年 9歳の時、母親が死亡

1831年 22歳の時、共同経営の会社が倒産

1832年 23歳の時 州議会に立候補し落選失業
          法律学校受験失敗

1833年 24歳の時 友人から借金をして商売を始めるが、同年中倒産
          17年かかって返済

1834年 25歳の時 再び州議会に立候補 やっと当選

1835年 26歳の時 婚約するが相手の女性が死亡

1836年 27歳の時 失意のあまり、神経衰弱になり半年病床につく

1843年 34歳の時 下院議員に立候補落選

1846年 36歳の時 下院議員当選

1848年 38歳の時 下院議員落選

1849年 39歳の時 国有管理局長の仕事を逃す

1854年 45歳の時 上院議員落選

1858年 49歳の時 上院議員再度落選

さてこの経歴の持ち主はだれでしょう?


昨日NHKを見ていたら、緒方洪庵の天然痘へ立ち向かう話に感動しました。

牛から取れた、ワクチンを使ったため、その治療をすると、角が生えると評判になり、だれも、診察にこなくなったそうです。

また、お金儲けのため、偽物のワクチンを使い、多くの人の命が奪われたこともあったそうです。

お金持ちからはお金はもらうが、貧しい人からはお金を貰わない。

また、時には、ワクチンを培養するため、貧しい人にお米やお金をはらい頭をさげて、治療をさせてもらったそうです。

そのやりかたに、患者どころか、同志の医者まで去り、赤貧にあえいだそうです。

天然痘の治療を始めてから、10年かかり、やっと幕府のお墨付きをもらい、起動にのったそうです。


10年間、貧しい人からお金をとらず、やりぬいた動機はなんだったのでしょう。

それは、ある老婆が、自分の孫4人のうち、3人天然痘でなくなった、

最後の一人だけは死なせたくないので、治療してほしい。という相談がありました。


当時オランダからワクチンが入っておらず、

日本の医師で行われていた、人の天然痘の弱いワクチンを子供に与えて、免疫をつくる方法しかありませんでした。

洪庵はその方法を試したのですが、結果老婆の孫は亡くなってしまったそうです。

その失敗が、彼を動かしたそうです。


トロイ遺跡を発見したシュリーマンも50近くだった覚えがあります。

日本で初めて正確な地図をつくった伊能忠敬も50歳です。


履歴の答え。

1860年 51歳の時 アメリカ合衆国大統領に選出される。

私はこの話を聞いた時、驚いたのと、感動で涙がでました。


そうアブラハム・リンカーンの経歴なのです。


成功者をみると、人生の殆どが順風満帆と想像してしまいます。


緒方洪庵も適塾を開き、福沢諭吉など数多くの著名人を輩出した人物。

天然痘の話を知らなければ、苦労していることなど想像できません。


二宮尊徳も、朝はひとよりはやく、夜はひとよりおそく、人のために努力したにもかかわらず、なまけものの上司や反対勢力のために、お殿様に訴えられ、行方不明になったのが43歳の時。



ちょとうまく行かなかったり、

年齢の近い人や、ライバルが先に行っていると、自分の不遇をなげき、努力するのが嫌になるかもしれません。

でも、それは錯覚。

みんな自分なんかよりもっともっと苦しみぬいて、そして克服している。


上院議員に落選した時の言葉が残っています。

道はつるつるですべりやすかった。片足がすべって、バランスを失いひっくり帰ってしまった。でも私は起き上がって自分に言い聞かせた。

『ちょっとすべっただけさ。ころんだわけでない。』



クリックすると元のサイズで表示します
0

携帯電話  

○教育はむずかしい。

我が家の子供達は結構素直に育っている。

しかし先日長男に「あなたが他の兄弟に指示して、朝ごはんの準備をして、」と言ったところ、

「無理」「だってどの仕事も同じでないから、不公平になって別けられない」との返事。

不公平こそ兄弟けんかの原因。

素直に従順でも、社会にでれば、しっかりリーダーシップをとっていかないといけない。

チームをつくれば、一人でするより、大きな仕事ができる。

でも、うまく機能するためにはまとめ役がいる。

仕事を公平に分けることは難しい。


そのためには、自分が一番つらい仕事を、引き受けなくてはいけない。

また、人に嫌なことをも言わなくてはいけない時もある。

そんな時は自分も傷つく。


先日ある大手オモチャメーカーの社長がテレビに出ていた。

アニメから出てくる。口ひげの穏やかでニコニコしたおじさん。社長には全く見えない。

「これがいいんでしょうね。結構私は厳しいことを言うのですが、ニコニコしているから、相手が許してくれるのでしょうね。」


○マスター


昨日ひさしぶりに、街の中のカメラ屋さんに言った。

高校時代私は写真部だった。

毎週土曜日はソフトボール。

陸上部やサッカー部や先生チームと試合しても勝つ、へんな部活だった。


高校は男子校。当時は私はとってもシャイ?で、彼女もいない青春を送った。

帰り道の途中、宇都宮のオリオン通りという一番の商店街の中心にカメラさんがあった。

夫婦で経営している小さなお店だったが、

お子さんがいなかったので、帰り道による私達をとっても可愛がってくれた。


お団子やお菓子をご馳走してくれたので、溜まり場になっていた。

大学に合格した時も確か報告に行った。


最近ごぶさたしていて、風の噂で店を閉めた。と聞いていました。

昨日、仕事で近くに行ったので顔を出すと、奥さんが店で留守番していました。

良かった、店まだやっている。


ごぶさたのお詫びをして、話をしていると、

橋本君知ってた?「うちの主人3月に亡くなったの」

「・・・・・・」

「心筋梗塞で、自宅のお風呂で急に倒れて、そのまま・・。
お葬式も出さなかったから、誰にも連絡しなかったの」


「・・・・・・」

今でも、顔と声が思い出せるとてもおもしろ親父さんでした。

新しい出会いも大切です。

いつでも会える。そう思っていても

人はいつの出会いが最後になるかわからない。


もっとひとつひとつの出会いが後悔しないよう、真剣に相手と出会い、話しておかないといけない。

仕事も同じ。

その時もっている全てをだしきる。

後にとって置こうなんて絶対だめ。

全部出し切ってすてないと、

コップの中に新しい水は入ってこない。

日記も同じ。

自分の家族のことも考え、いろいろ考える夜になりました。

「カメラ屋のおじさん、いろいろありがとうね。」



○編集者

先日の情熱大陸。

出版社社長で編集者の見城さんのコメント。


「オリジナルの世界を作れる人が本物。できない人は偽物。

自分が偽物と気づいたとき、ひとつ決めた。

その代わり、人にできない圧倒的な努力をする」


道はどちらか。本物になるか。圧倒的な努力をするか。


○自営業もいい。

人生90歳時代。

55歳で定年したら、その後どんな人生を送るのか。


ゲートボールをしたり、旅行に行っても、毎日行くわけにもいかない。

することがなくなる。


日本の自殺は毎年3万人。10年だと30万人になり、小さな都市の人口と同じ。

高齢者の自殺の理由は、貧困や病気ではなく、することがなくなりノイローゼになってなくなる人が多くなっているそうです。

昨日もあるメーカーの所長さんと話をしていました。

「某大手メーカーの30代の課長さんの年収が1000万近くてうらやましい。」とのこと。

人生90年。22歳で就職して55歳で23年。それと同じ年齢をまた生きていくのですから、人生設計も難しいですね。

長生きする人は、朝起きた時今日やらねばならない。ことがあるかないか。だそうです。

自営業も悪くない。


○マズロー

心理学で有名なアブラハム・マズローさんによれば、「自己実現」というのは、

リッチなレストランで豪遊するステータスでなく、

奥さんが作った質素なお弁当を心から味わえることを意味しているそうです。

○携帯

家内が先月はじめて携帯電話を買いました。

私は使わないから。頑なに拒否していたのですが、

ついに購入。


予想外なことに、家内の両親や兄弟姉妹から、よろこびの電話がはいり、

さまざまな人に歓迎されている様子。


最近夫婦間でメールをするのですが、結構おもしろいギャグ返事が多く、

見方が180度かわりました。

熟年離婚とは意味が違いますが、びっくりしました。

長年夫婦でも、まだ知らない部分がたくさんあるんですね。


○ 仕事

1やさしい仕事はすぐ飽きるし、稼げない

2難しいから時間もかかる。何度か壁にぶつかるが、時間をかけることによって
それに必要な筋肉と能力がついてくる

3筋肉と能力がついてくると、その仕事をしている時が一番楽しい時間となる

4あるレベルまで到達した人間しか、スランプが訪れない。

                           船井総研社長

難しい仕事に出会うと、つい言い訳してしまいます。

大反省。


○ダメだし

有名なヘアーデザイナーが、

パリコレで、あるアパレルのデザイナーの依頼を受けて、ヘアーデザインを担当した。

数年やったが、「デザイナーですよね、加茂さんも」と言われ翌年から仕事がこなくなった。

「本番直前、違うイメージがわいたが、時間がのこっていなかった。最初のデザインでも好評だったので、そのまま出してしまった」

「悔しかった」翌年、違うデザイナーと組んで、アイデアをつきつめ、あきらめずに挑戦したら、結果がすごく良く、断られた人からも再度オファーが来た。

ダメを出してくれる人はありがたい。

そして、自分で限界を作っている認められる素直な気持がほしい。

仕事は安定したらお仕舞い。

スタッフが嫌な顔をしても、最後まであきらない。

「考えた量は相手に伝わる。」

本物たちの言葉は、苦しみぬいて出た結果だけに本当に重い。


○失敗

最初はだれだって初心者。

若いうちから、創業のうちから、

マナーもあり、人格者ではない。


とにかく、自分の夢を実現するために、ぎりぎりのこともすることもある。


もちろん大きくなってからも続けているのは問題だ。

賞味期限。産地問題。


上場企業の社長と同じではけっしてない。

もっと失敗をおそれず、ハングリーに、そして自分の世界をつくりたい。


○ 未熟

わがままは自分らしい、からではない。

純粋だからではない。

理屈が通っているから、筋が通っているから、いいのではない。

未熟なのだ。

自分が気づけば相手も変わる。

クリックすると元のサイズで表示します
0

どきどき  

間に合わない。

時計を見るとあと10分。

きゃ〜・


昨日午前中生花の研究会に参加してきました。

普段のお稽古と違い、研究会はいろんな教室から生花を学ぶ人たちが、一同に会し、

時間内に決まった材料とテーマに基づきお花を活けます。

終わると、先生方が見て廻り講評してくれます。


実際は先生が前日同じような材料でおおよそ教えてくれるのですが、

今回は、針金を使い形をつくるので、お稽古も2時間位かかりました。


「先生これって時間内に終わらないですね」

「大丈夫よ」


とは言われたものの、自分の中でだいたい時間は読めるもの。

今回は最初からだいぶ飛ばして活けたのですが、


そんな時に限って

ついつい調子にのっていろんなアドリブをつけ加えたくなり、

チャレンジしていると、


「ポキッ」

「パキッ」


とバラの花が2本とも、曲げすぎて首がとれてしまいました。


「ウォ〜、コリャ今回は本当に間に合わん」

非常に冷静を装い、

針金で何事もなかったかの様に、バラを修理。<前日先生が折ったので修理しるのを見ておいてよかった〜。修理できちゃうところがすごいですよね。>

「うん まあ、これは仕事でもなく、勉強会だ。これが出来なかったら、殺されるわけでなし、落ち着いて、落ちついて」と自分に言い聞かせるものの、


5分ごとに時計を見ながら、なんとかそれなりに終了。

他の人は結構はやく終わって、片付けも終わっています。

なごり惜しく、終了の合図の後もはさみで手直していると、


先生が机までこられて、何も言わずに私のゴミや材料を片付けだすあり様。


でもこのドキドキが楽しいんですよね。

他の人と違って小さく活けてあるのですが、


どれも針金を使っているので、針金まきにほとんど時間が掛かりました。

なんでこんな大きさで時間がかかるのか、手間って簡単に判断できないものなんですね。


2年続いた、生花。やっと初伝のお免状です。

看板までは、まだまだ数年かかりそうですが、楽しく続けたいと思っています。


仕事がら忙しくなり、いつ辞めないといけないかわかりません。

ですから、先生にお願いして、難しい花材や活け方を、「まだ早い。」と言われながら習うようにしています。



以前トランペットがすごい上手いお客様から、

「普段なるべ、自分ではむずかしい曲を練習する。

でも、まぐれでも吹けるときがある。

そうなると、自分が知らない間に、耳も肥えて、レベルが上がってくる」

という話を伺ったことがあります。


自分が初伝だから無理でなく、活けたいものを、活ける。

いつできなくなっても、後悔しないよう、活けておこう。


他の人が、別に先生になるわけでもない。

時間やお金がかかる。

という話を聞いても、

自分は自分

クリックすると元のサイズで表示します
今回は・・・・・・。

0

兄弟けんか  

うちの兄弟は結構仲良しと思っていたのですが、

上のふたりが中学生になると、ちょっと変わってきました。


中学になると、中間・期末と順位が出てきます。

弟に負けたくない。ついつい向きになってしまうようです。


次男に「お父さん、中学生になると自我が出てくるんだって。保健体育の授業で先生が言ってたよ」と言うとおり、

ついついお互い負けたくない。そんな風な自意識が出てくるのかもしれません。

言葉使いも、結構荒っぽくなるし、お兄ちゃんには偉そうに聞こえるのかも知れません。

う〜ん、もう一生仲が悪いままなのか、と心配していたら、

朝ふたりで仲良く、音楽を聞きながら、くっついてDSでゲームをやっていました。


本人たちも、悪気がなくついつい、負けたくないという気持が

悪気がない一言に過剰に反応して言い合いになっているようです。


大切な兄弟なんだから、仲良くしてほしいな。













0

フィラデルフィア  

東京で研修会があると、必ず寄るのが上野駅。

う〜ん。まさにおのぼりさんです。


30代の頃は折角来たのだからと、新宿や池袋へ行ったのですが、(今は六本木や東京駅ですか?)最近はもっぱら上野駅周辺。


夜ひさしぶりに友人と会うのも、上野駅でおりてアメ横。
結構安くて上手いものがいっぱいあります。

さてさて何をしに行くかというと、上野の美術館へ必ず立ち寄ります。

2か3カ月に一回位の割合で行くと、結構大きな企画展をやっていてすごくデザインの勉強になります。

昨日は、いつも行く国立西洋美術館はムンク展、一方都立美術館はフィラデルフィア美術館の企画展でした。

後者の方は、モネ、ルノワール、ピカソ、ゴッホなどいろんな人作品が見れるので、私のような高校で美術をとったぐらいの初心者にはちょうどいいか。と都立美術館へ。

歩いていると、みんな国立を通り過ぎて、都立に向かっています。そうかこっちの方が正解だったのだ。

と無理に納得して歩いていると、なんとなく変な予感が。

どうもたくさん向かっている人にひとつの共通点が。

皆さんご年配の方ばかりなのです。

もう賢明な読者の方はお気づきでしょう。

都立美術館第三水曜日は、「65歳以上の方無料の日」だったのです。

特に企画がすばらしい内容なのも重なって、入場制限するくらいでした。


もう65歳の方の波に飲み込まれ、たいへんなことになりました。

でも、不思議なもの。とにかくこの状況を打開しよう。

絶対に無駄にしたくない。という気持からか、今回はすごく頭に入りました。


ルノワールの作品の目の純粋さは、ルノワールしか書けない雰囲気がある。

ゴッホの色の使い方。青・緑・黄という色相でいうと、隣同士の色を使うことで親子の繋がりをより親密に見せている。

ピカソはやっぱり良く分らない。

でもほかのキュピズムの作家より、はるかにアイデアが奇抜で絵が繊細で美しいのがわかった。

遠近法を使わないと、平面の絵になる。そうしたら絵は退歩してしまう。
進歩させるためには、ピカソという天才は何をしたのか。

ルソーの絵は、ガーデニングのデザイン画を作るのにとても参考になる。
(ジャングルの中に、サルや鳥が書かれている絵)
一番よかったのでポスターを買って、絵の好きな三男のお土産にした。


ということで、今まで見た中で一番初心者向けの展覧会でした。

ついてないな〜。と思うと現実になります。

往復の切符を展示場でなくしてしまいました。

でも財布を落とさなかったのだから、運が良かった。





















































0




AutoPage最新お知らせ