望遠鏡  

「お父さん明日4時に起こして」

次男が早起きしたい時、必ず私に頼みに来ます。

もう私が先に寝ていようが関係ありません。

私の体をゆらして、「お父さん起きて、明日ね早起きしたいの。」


今回の早起きは、天体観測。

おじいちゃんにお古の望遠鏡をもらったので、明朝の金星をたいとのこと。

「嫌だ。だっていつも起こして起きない。今回は自分で目覚ましをかけなさい」

好きなことだったら、起きられるもの。ちゃんと4時に起きていました。


今日は起こさなくてもいいな。玄関で騒いでいる音を布団で聞きながら、うとよとしていると、

5時頃「お父さん、みてみて、すごくはっきり見えるよ」と体を揺らして私を起こしに来ました。

え〜い。どうせ5時半には起きているのだからと、エイヤーでがばっと起きました。

ちょっと付き合い、家に入って本を読んでいると、

「お父さん、もっと大きく見えるようになったから、ちょっとみて〜」

と何度かお付き合い。

でも、親子のふれあいと思って一緒に金星を眺めていました。


早起きはとってもいいですね。

最近高齢者の自殺の理由が随分かわってきたそうです。

以前は貧困、病気の苦しみから逃れたい。がほとんどだったそうですが、


今は「生き甲斐がない」という理由も多いそうです。

人生100年時代に突入と言われています。


60歳で定年退職して、のこり40年の余生。

毎日ゲートボールや山登り、旅行に行ってももたないとのこと。


朝起きた時に、「今日はこれをやらなくてはいけない。」ということがあるかどうか。が長生きの秘訣だそうです。

アメリカには動物のしあわせを考える学問があるそうです。

動物園で餌や施設をいくら良くしても、

自然の中に返してやり、自分で餌をさがし、生きていくほうが、動物にはストレスがかからない。との研究があったそうです。


毎日あっという間に時間が立ってしまう人には、逆に思えてしまいますよね。


だから、身の回りの起きるいろんなことを、いいほうに考える習慣づけってとても大切なんですね。

松下幸之助さんも、毎日「私は運がいい」と20回は口にしていたそうです。


一昨日から見つからなかった、万歩計が今朝偶然見つかりました。

今日は朝から運がいいようです。





































0




AutoPage最新お知らせ