肥料をやらない。  

○肥料をやらない。

朝、園芸の番組を見ていたら、バラが咲きそうな時には肥料をやってはいけない。という話をしていました。

どうしてもたくさん、咲かしたい。と思い、肥料をやってしまうと帰って咲かないそうです。

その理由は、本来花が咲く原因。植物は死にそうになると、子孫を残す為花を咲かすそうです。

肥料をやってしまうと、かえって安心して咲かないのは当然ですよね。

人間も同じ、安定した環境にいる人より、がんばっている人に花を感じます。

もう駄目だ。と思うところまで落ちないと、道が開けない。

そう思うと、ピンチは決して不幸ではないのかもしれません。

そういうことを経験した人の笑顔ややさしさは、ご縁のありがたさをしみじみ感じます。

死にそうになるから、花が咲く。



○歩き方。

現代の若い人は、アルファルトみたいな、同じ道ばかり歩いているので、体が弱くなる。昔は、砂利や、土、でこぼこ道があって、いろんな歩き方をしていた。

今朝の番組で養老先生が話していました。

今学生で、心理分析をして、相手の考えていることを読む勉強を志す人が多いそうです。

でも先生いわく、30年付き合っている家内が考えていることも分らないのに、人間が相手の考えていることを予想するなんて不可能。

考えて歩こうと思っても、ぎこちなくなって歩けなくなるように、

脳が考えてから、意志が生れる。

飲みたいと思ってから、実は飲んでいるのでなく、

実際は、脳が飲ませようと働かせて、飲みたいという意思を持たせている。


人間は考えた通り絶対に行かない。

だって、自分がいつ死ぬのかさえ分らないのに、

いろいろ考え分析してもその通りの結果にならない。

条件がいろいろ変われば結果が変わってくる。


考えるより、行動が大切なのは、医学的にも言えることなんですね。

歩く。行動する。理屈は後。


○映画

2日連続で放送された踊る捜査線。

う〜ん一作目の方が面白かったかな。

でも、室井さんが主役でなっちゃん出た、一番新しいのが好き。


○お風呂に入る猫。

好みの花木屋さんがある。

置いてある木は本当にセンスがある。

1000円くらいの、低木だって枝ぶりがいい。

だんなさんが好きなのは、カブタチのソヨゴ。

奥さはカブタチの夏はぜ。

この夏はぜの枝ぶりの良さは盆栽に使われるくらい。

紅葉はモミジより好き。奥さんのおかげだ。

そこには、大きな白猫がいる。

お水を怖がらず、お風呂も一緒にはいるそうだ。

世の中にはいろんな猫がいる。


○先日受けた資格試験の自己採点。

05年の合格ラインは171点
06年の合格ラインは169点

自己採点は170点。

う〜ん、いつもこんな感じ。

でも、すごく勉強になった。

同じ世代の人に一緒に受けようと言うと、

「俺はもういいや。」と言う人もいる。

以前は資格があって現場では役にたたない。と

自分が怠けているのに、まさに正しそうな言い訳をして、ごまかしていた。

生花しかり、まだまだ上手くなりたい。もっとお客様に喜んでもられる仕事をしたい。

現場で見事にお花や木を使って、活けあげる技を持ちたい。

「言えないけど、お金儲けだけで、施主が気の毒な植木屋さんがいる。

もっともっと勉強して、いろんなことを取り入れないとダメよ」

60のお母さんはの元気は、歳をとって変われないのは、年齢のせいでなく、自分のせいだというのを証明してくれる。

絶対に今回の資格を取る。

「俺はもういい」止まった人になりたくない。


○ラグビー

ラグビのワールドカップを見たい。そう思っていた。

たまたま朝5時にテレビをつけると、イングランド対フランスの準決勝。

一番の人気カードが偶然映っていた。思いは叶う。

やっぱりスゴイ。

そのスゴイ選手の中でも一際輝く選手がいる。

上のまた上がある。



○積小為大

辛くければ、練習する、稽古する。自分を決して卑下しない。なさけなく思わない。

人は人、時には自慢する人がいる。比較しない。自分は自分、しっかり稽古する。

録画した情熱大陸を何度みても「涙のパット。」はじ〜んと胸にくる。


○源。

どんな人にも源がある。

師匠の石原先生に追いつきたくて、池坊を始めた。

デザインや実際の現場を何度も一緒した時より、

今の方が、よく見えてきた。

でもまだまだ。

源を探すと上手くなる。
















0




AutoPage最新お知らせ