チャンス  

何かに取り組み、それまで自分がやってきたすべての方法が一切通用しなくなるときがあります。

これは逆に考えればそれまでにないやったことがないやり方、

やってはいけないと思い込んでいた方法に挑戦するチャンスでもあるのです。

私は時々すばらしい言葉に出会うとスケジュール表にメモをしています。

2年前の手帳をめくっていたら、こんな言葉が出てきました。

人はどんな時、どんな言葉に影響を受けるのでしょうか。

何年か前に出会った言葉でも、その時は見過ごしていても、

いろんな経験を積んで、やっと意味が分かることもあります。

また何年もその言葉の意味を噛み締めながら大切にする時もあります。


人それぞれ考え方や悩みが違うので、どんなすばしい言葉でも、全員が感動するとは限りません。

その言葉を作った人と同じ悩みを抱えていたり、答えがそこにあるから目が留まる。

メモを読み返し、忘れていた言葉に出会うと、当時も同じ悩みがあっことを確認でしるし、その言葉を大切にした自分に共感を覚えることがあります。

言葉は勇気を与えてくれますね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

宝石  

苦労したおかげで、

今むかい会う人がどれくらい悲しい経験をしてきたか気付くようになりました。

年上の人たちの目の色は、いろんなことを語ります。

正しいことががすべてでなく、正しくないことにだって、やさしさが隠れていることもあるんですね。

自分の言葉がどれだけ多くの人の心を傷つけててきたか、自分の弱さを隠す為筋を無理に通すこともありました。

完璧な人はいないのに、自分を棚にあげてしまう自分。

そして親の愛を当たり前だと受け取り、遠くからいつも心配して見ている姿に気付かない自分もいました。

子供との「オハヨウ」のあいさつが、今日も無事でね。そして「オヤスミ」が今日無事で良かったね。

挨拶が儀式でなく、やさしさのキャッチボールだと気付くようになりました。

あなたって本当に苦労したね。と言う言葉に、家内が同じだけ苦労していることに気付くようになりました。

でも苦労したおかげで、いろんなことに気付くようになりました。

小さな小さな、気付きの宝石箱。これからもどんどん宝石が増えるかな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

モチベーション  

仕事ノモチベーションをやる気に求めてはダメだ。

「とにかくやること」を毎日の習慣にしてしまおう。

その継続から力が蓄えられる。


経営者高原慶一郎さんのコメントです。

最近欠かさず続けているのが、ハガキ書きです。


一日3まい以上書くことにしてます。

0時近かったり、朝の4時半だったり、とにかく書かせて頂いています。


内容も商売気のないもので、日頃感じたことを書かせていただいています。

それ自体が修行と思っていますが、

その反響がじわじわ実はあるのです。
0

にもかかわらず  

「にもかかわらず、〜する人になる」

そんな文章を読み、今までの生き方がいかに、自分の身勝手だった行動の記憶が、

スライドの様に頭の中を駆け巡ります。


手間が少なく、効率良く、楽に、効果をあげるか。

「なになにしてくれたから、自分もする。」

「やっても何のメリットもないから、やらない。」


人は一人で生きていけないのだから、そんな身勝手なことをしていても、幸せになれるはずがないのに、

その生き方が一番得だとか、幸せになれる。そう思い込んでいたのかもしれません。


彼はそんなことをしても、だれも見ていないのに、する。
  
  そこまでたのまれていないのに、自分の判断でする。


「にもかかわらずする。」

実践できる勇気も根性もありませんが、いつも気に留めていたい。

そう思う言葉でした。


 



クリックすると元のサイズで表示します
0

25番  

昨晩変な夢を見ました。


なぜか長男が通っている塾に私もいて、

テストの結果が戻って来て、順位を見ると28番中25位。

おお〜。これでは、親の面子がたたない。

と心配していると、めざましの音。


本当に夢って不思議ですよね。

トイレ何度行ってもすっきりしない。

おかしいなと目が覚めると、我慢していたとか、ありません?(ないですか・・・)


覚めてみると、そんなはずがない。と気付く当たり前のことでも

夢の最中は、もう現実の世界。

夢からさめてホットしました。


昨晩居間でうとうとしていると、起こしてくれました。

長男は塾が終わり10時半ころ帰ってきて、お風呂に入り気が付いたようです。

そのせいか、変な夢を見たのでしょう。


彼はとっても優しい子で、食事をすると 

母さんに「ごちそうさま、おいしかった」と必ず言う子供です。


やさしいだけかと思うと、小学校時代は運動会では応援団長に立候補し、たいへん目だっていました。

運動部に入るかと思っていると、中学校では、音楽が好きでブラスバンドに入部。

それまで何年も男子生徒がいなかったのに、彼は初日早々入部を決意。

なんとか、もう一人男子の同級生が入り総勢2名。

更に何日か後、男子が入ったうわさが広まり、一年上の2年生男子も、入部し男子は総勢3名。

彼はパイオニアとして入部、女子50人中男子3人でがんばっていたようです。

昨年2年生の時は、積極的に男子を勧誘。三人入部しました。


運動神経はよく、運動会の時は野球部並に走る彼が、なぜブラスバンドかは親も不思議です。

しかながら、三人兄弟のため、女性は苦手なのか、いつもお昼は後輩と男子5人で食べているそうです。

「先輩はどうしているの?」と聞くと、先輩は全然平気で女子と食べている。といいます。

かわいいものですね。


今日は昨晩、お客様からお問い合わせのお電話を頂き、午前中からお伺いしてきましたた。

午後から、事務所で留守番ですが、事務所の前の日光街道はすごい交通量。普段の2倍の騒々しさです。


明日5日は一日だけ休ませて頂き、子供達の面倒をみる予定です。

今日はこのへんで。皆様よい休日を。


クリックすると元のサイズで表示します
滝尾神社で、リコーカプリオR5

0




AutoPage最新お知らせ