歴史小説  

昨日から、朝の道路が込み始めました。

いよいよ今年も動き出しました。

皆様お正月はどう過ごされましたか?

本派の方は何を読みましたか?


私は「ローマ人の物語」という小説が大好きです。

昨年末最後の15巻が出て終わりましたが、

女性作家の塩野七生さんが、毎年1冊づつ古代ローマ帝国の始まりから滅亡を書いた

歴史書です。


歴史書といっても、堅苦しい論文というよりは、

登場人物がたいへん魅力を持って書かれていて、(たいていは執政官や皇帝)

小説のように、いきいきとその人たちの活躍や失敗が書かれています。


特に女性作家らしく、魅力ある男性は、熱狂的にヒーローの様に書かれ、

女性から見た、理想の男性像や男の魅力とは何かを、教えてくれる小説です。


以前尊敬するある社長から、「中国の「十八史略」を読むといい。」と進められたことがあります。

古代中国に起こった18の国の歴史を綴った本です。(万里の長城の秦の始皇帝、三国史や隋や唐の国など)

そこに300人以上登場人物がいて、それぞれどういう行動をして、最後にどうなったか、描かれています。

権力を手にしたものの、おごりたかぶり、最後には無残な死に方をした人。


まじめで誠実で主義主張を通したが、結局権力者に殺されたが、死後多くの人に尊敬された人。


人それぞれが、ある分岐点で、(たいていは、生死の狭間で)どちらを選択したか。

そしてその後の境遇の変化がどうなったか。が分かります。


人の人生はプラスマイナスゼロという人がいます。

しかし、どんなに良い行いをしても、一生不遇のままで終わるのでしょうか。


またあれほど、自分勝手な振る舞いをして、お金を儲けた人が、一生裕福なまま終わるのでしょうか。


稲盛和夫さんは、「長い目でみれば、30年単位できちんと帳尻があうようになっている。確かにその時悪い運勢に見えても、30年たてば、必ず報われている」

そんな話を聞いたことがあります。


十八史略や、ローマ人の物語は、日常生活するためい、どうしても短期的な視野に陥る私達に、さまざまなヒントを与えてくれます。

そして、私達はそれらの登場人物のどのタイプの性格なのか、そういう人たちはどういう終わり方をしていうるのか。自省を流してくれます。

またローマのリーダー達の潔さから、組織のリーダーシップを具体的に教えてくれるのです。

女性の社員や女性のお客様が多い中、これからは男性だけでなく、女性からも魅力的なリーダーにならなくてはなりません。

ローマの執政官、皇帝、将軍達は、最初から最後まで、ほとんどの人が、常に戦場の先頭にいました。

数少ない、ローマまで占領された敗戦「ハンニバルの戦い」では、負けはしたものの、10人近い、執政官(皇帝職が出来る前の長)が戦場で死んでいきます。

今回なぜ、塩野さんの話を書いたかと言うと、日本経済新聞の1月4日のまるまる一面日本の指導者を語る特集があったからです。

安倍総理、小沢一郎、小泉前首相、についてコメントしていますが、

とても面白いとらえ方でした。


ローマ人の物語はとても長い小説です。

まずは4巻目の「カエサル」から読むと一番入りやすいです。































0

白羽の矢  

昨日恒例の、中禅寺湖畔の二荒山神社にお参りに行ってきました。

今年は4日に三男と商売繁盛の祈願に行ったのですか、

行ってみると、何やらお祭りの様子で、栃木テレビまで来ていました。


なにやら橋の上から、湖に向けて宮司さんと総代が矢を射る行事。

約20人くらいの人たちが2本づつ射ます。


「射たを矢をとると、今年一年縁起がいい。」

という理由で、大勢の人が湖に近い、矢が落ちそうなところで、

待っているのです。



でも結構、ぎりぎのところまで飛んでくるのですが、

欲は深いもの、普段は自分は運が悪いとか、不幸だとか言っているのに、

この時ばかりは、「自分にはあたらない。」という妙な確信を持ち、

ぎりぎりまで近づき、警備の警察官に何度も注意される始末。


全部の矢が射終ると、一斉に観衆は取りに走ります。


出遅れた、私共親子は呆然と見つめるなか、

三男が橋の下にもぐって探しに行きました。


もう大勢の人がとり終えて、今年はダメだろうと諦めていたところ、

三男が得意げに、片手に矢を持って戻ってきました。


もう家に帰ると、彼は大ヒーローでした。


そんな行事があるのも知らなかったし、取れたのもラッキーでした。

去年、家族でたいへんな思いをして男体山に登頂したご褒美でしょうか。


今年は最初からついています。
























0

あけましておめでとうございます。  

新年明けましておめでとうございます。

本年もよりちゃん日記よろしくお願い申し上げます。

今年のお正月は暖かいですね。

正月元旦は、受験の次男を残し、長男と三男を連れて、板橋の家内の実家にあいさつに
行ってきました。

電車は結構すいていて、宇都宮線の急行ラビットで行ったのですが、

行きも帰りも座ってかえることができました。

行きは、正月だから大丈夫と、ジュースとお菓子と少年ジャンプを買って、普通席。

反対座席には、朝から並んだのでしょう、パルコの福袋を買ったコギャルが、待ちきれないのか、袋を開けて、中を確かめ合っていました。

私が小学生の頃、新幹線がなく、特急でも上野宇都宮間が2時間以上かかり、小旅行でした。

たいてい、駅弁や飲み物を買い、時間を紛らわしていてのが、今では飲食がちょっと恥ずかしいのは、時代の流れでしょう。

また、たいてい3日までは、どこのお店も閉まっているので、テレビしかすることがなかったのに、コンビニや大手のFCができて、1日から結構お店はやっています。

なんとなく、休んでいるのが申し訳なく、感じるのも、不思議です。



正月3日間で、今話題の本、東京タワーを読みました。

(読者・・ちょっとおそいでとつっこみを入れてください)

声を出して笑いましたが、あまり泣けんかったです。

親不孝者かもしれません。

でも結構同世代なので、そうだそうだ。と共感はいっぱいありました。


テレビは、なぜか、ハニカムという人気番組で、ボクシング三兄弟の次男の亀田たいきさんの、グアムで女優さんとデートするのを見ていました。

マスコミでいろいろ叩かれていますが、とっても素直でやさしい青年でした。

何事も、色眼鏡をかけて、自分の観念で一方的にみてはいけませんね。

番組の演出なのですが、お互いが本気になっていく様子がとてもジーンときました。


というわけで、お正月ボケの日記になってしまい、ごめんなさい。


今年はいのししです。


いろんなことをとやかく考えるより、まずは行動。

そんな2007年にしたいと思っています。


今までの自分の人生を振り返って、たいしたことはなかったのですが、

あまり後のことを考えず、とびこんで行ったほうが、

10代の頃も20代の頃も30代もものすごく、結果も運も良かったと最近気づきました。


ラグビーをやったことはありませんが、痛いからとそこそこ試合する人より、

怪我をしても、頭からつっこんで行く人でないと、選抜されたり、上のチームに入れないのかもしれません。

その分骨折や、ひどい怪我をするのしょうが、その分以上の物を得るのでしょう。


そこそこで終わってしまう。

歳をとり、経験や判断力、がつけばつくほど、

いのしし、ファイトを思い出し、がんばらないといけません。


今年はいのしいファイトの年にしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

























0




AutoPage最新お知らせ